用心棒「派手にいくぜ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 19:32:43.46 ID:Q5Q1PHd30


スボッ スボッ スボッ スボッ スボッ...

番頭「おお、寒い寒い......」ブルブル

番頭(江戸にこんな大雪なんて、いつぶりだろう......歩くたびに、すぼ、すぼ、って音がすらあ)

番頭(黒船が来てから全部狂っちまったみてえだ......ナンマンダブナンマンダブ)ハアー


番頭「おい!居るんだろう!開けろ」バンバン

大工「誰です何です一体?」ガラッ

大工「げっ......番頭さんじゃないですか」

番頭「そうだよ番頭さんだよ。なんか文句あるのかい」

番頭「わざわざ雪の中を来たんだ、今日こそは三両、耳を揃えて返してもらうよ」

大工「きょ、今日は都合が悪くて......」

番頭「何言ってるんだい、おとついに明後日返すと言ってたじゃないか」

番頭「今日は返してもらうまでてこでも......ん?」


スボッスボッスボッスボッ...

少年「はあ......はあ......」

少年「痛っ!」ズキッ


番頭「......子供が......」

大工「......江戸もすっかり物騒になったもんでさ」

ガラッ ピシャリ























2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 19:33:27.03 ID:Q5Q1PHd30


スボッスボッスボッスボッ...

少年「はあ......はあ......」

少年「あっ」ズルッ

ズボッ!

少年「......う、う......」


?「鬼ごっこはこれくらいで十分だろう、小童」

少年「!」クルッ

浪人甲「そろそろ首と体にお別れしてもらう時間だぜぇ」スラッ

浪人乙「でもまあ、嬉しいだろう?親父とお袋のところに行けるんだからよ!」スラッ

浪人丙「......お前の家の人間を一人も残すな、との依頼なんでな。念仏でも唱えていろ」

少年「......!」ギロッ

浪人甲「そう睨むなよぉ。ね、いい子ちゃ〜ん......」ジリジリ

浪人乙「痛いのは最初だけだからよ......なあ、おとなしく......」ジリジリ

少年「うあーっ!」ダッ

浪人甲「おっ!?」ガッ グラッ

浪人乙「わっ!?」ガッ グラッ

ズボッ! ズボッ ズボボッ

少年「はあっ、はあっ......」ヨロヨロ

浪人丙「はっ!」シュッ

少年「ぎゃあっ!」スパッ

浪人丙「手間取らせやがって......」

少年「ううっ......」ヨロッ ドサッ

グラグラ

浪人丙「......む?」

ドサドサッ

浪人丙「うおっ!?ゆ、雪が!」

少年「!」

スボッスボッスボッ...

浪人甲「逃げやがった!」バタバタ

浪人乙「おのれ、クソガキ!」バタバタ

浪人丙「いつまで雪遊びしてんだお前らは!?」バタバタ

浪人甲・乙『田舎と雪質が違うんですよ!』バタバタ

浪人丙「クソッ、坊主め!この代償は高くつくぞ!」バタバタ


続きを読む