先輩(♀)「ええ、ゆっくりしていてください。どうせこの家には私しかいないんですから。」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/08/31(木) 02:35:28.622 ID:ZBsYncyM0.net

先輩「ああ、言っていませんでしたか。この家は、高校進学にあたって両親から贈られたものなんですよ。」

先輩「義務教育は終わったんだから、しっかり自力で生きていけるようにしろ、ってね。ふふ、酷いでしょう?」

先輩「おかげで家事のほとんどはこなせるようになりましたが、いかんせん人気がないので寂しくて。」

先輩「だから、こうして○○さんがいらしてくれるのが嬉しいんですよ。これっきりとは言わず、いつでも来てくださって構いませんからね。」

先輩「さて、時間も時間ですし、そろそろ食事にしましょうか。なにか、食べたいものはありますか?」

先輩「おや、遠慮なんてしなくていいんですよ。それとも......私の料理の腕が信用できませんか?......なんて、少し意地悪でしたか。ふふ、ごめんなさい。」

先輩「男性の心を掴むには、まず胃袋から、と言いますしね。今晩はぜひ、私の料理を召し上がって、私に惚れていってください。」

先輩「あはは。いやぁ、まさかこの家で誰かとこんなに楽しく会話ができるとは思いませんでした。ありがとうございます、○○さん。」

先輩「ますます、○○さんに興味が湧いてきましたよ。」

2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/08/31(木) 02:35:39.194 ID:ZBsYncyM0.net

みたいなね

6:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/08/31(木) 02:36:58.625 ID:4mpyM8nC0.net

出た!みたいなのどうよだ!


続きを読む