元太「なぁ灰原ァ、本当に触ってもいいのか~?」


以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/27(日) 16:07:59.303 ID:475PEAyv0.net
灰原「まさか、運動会の二人三脚で小嶋君と組むことになるとはね」

元太「俺とじゃイヤなのかよー、灰原ァ」

灰原「別に。だからこうしてあなたの秘密特訓とやらに付き合ってあげてるんでしょ」

元太「よっし。やるからには絶対勝つぞぉ~!」

灰原「どうでもいいけど、早く脚を寄せなさいよね。結べないじゃないの」

元太「おうっ」

元太「......にしても、灰原。オメェ、脚ほっせえよなぁ~」



以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/27(日) 16:10:33.383 ID:475PEAyv0.net
灰原「あら、小嶋君が太すぎるだけなんじゃない」

元太「俺は太ってなんかねぇー」

灰原「はいはい。さっさと練習始めてさっさと終えるわよ」

灰原「ほら、肩組んで。早く」

元太「お、おう!」

元太「......クンクン」

灰原「どうかした?」

元太「灰原。オメェ、すっげぇいい匂いするなァ」

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/27(日) 16:11:14.406 ID:2/SYpxAf0.net
はあ

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/27(日) 16:11:53.423 ID:266I/GZg0.net
光彦「抜け駆けはコナン君の得意技ですからねぇ~w」

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/27(日) 16:12:30.741 ID:475PEAyv0.net
灰原「お腹空いてるからって私は食べないでよね」

元太「ちげーよ。うな重とか食べ物のニオイじゃなくてよー」

元太「銭湯とかでよく嗅ぐような奴だよー」

灰原「ああ、シャンプーのことね」

灰原「ここに来る前、シャワー浴びてたから」

元太「へぇー」

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/27(日) 16:13:41.667 ID:jZpofnLj0.net
元太のあの体格と灰原で二人三脚って全く成り立つ気がしないな

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/27(日) 16:14:08.836 ID:6ZbBj8ET0.net
元太×灰原で興奮できねえよ

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/27(日) 16:15:07.110 ID:475PEAyv0.net
灰原「ホラ、何ボサーっとしてるの。足下がお留守になってるわよ」

元太「あ、いけね」

灰原「本当に練習する気あるのかしら」

元太「あるに決まってんだろ!」

灰原「だったらブツブツ言わずに足を合わせる」

元太「わかってるって。いち! に! いち! に!」

灰原「いちにーいちにー」

元太「いち! に! さん!」

灰原「ちょ、ちょっと、きゃあっ!」

元太「わわっ、転ぶ、うわああぁ!」

ドサッ

続きを読む