いろは「手つないでもいいですか?」


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 15:33:43.39 ID:CZ3E5ga70



材木座「ふえっ!?」

いろは「ですから、手つないでもいいですか?」

材木座「えっ? なっ、て、てて手って、手? この手...?」

いろは「その手以外にどの手があるんですか」

材木座「ハムッ、す、すまない...」

いろは「それでー、いいんですか? ダメなんですか?」

材木座「だ、駄目というか............どうして我と...?」

いろは「理由は聞かないでください」

材木座「えっ、そ、そう......」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 15:35:34.57 ID:CZ3E5ga70



材木座(おおお落ち着け、落ち着くのだ材木座義輝、突如目の前に現れたおなごは何と言った?)

材木座(手をつなぐ、確かにそう言った。だが何故なのだ?)

材木座(理由は聞くなと言われたが、理由を聞かずしてそのような不埒な行為を認めるわけには......ここはひとつ、此奴の目を見て真意を...)

いろは「......」ジー

材木座(くうっ! なんだその仔犬の様な丸い目は!? まともに視線を合わせては吸い込まれてしまうのではないか!?)

材木座(ゼヒュー、ゼヒュー......一旦呼吸を整えるのだ。鎮まれ我が心臓よ、この程度の相手に焦る必要はない!)

いろは「はあーもういいです。失礼しましたー」スタスタ

材木座(な、なあに。ただ手をつなぐ、所詮はそれだけのこと。殊に理由などなくとも一瞬にして済ませてしまえば良いではないか)

材木座(怖れることはない! そりゃあ異性と触れ合うなど幼少以来殆ど無かったとはいえ、全くの初めてではないのだ!)

材木座(過去の我に出来て今の我に出来ぬはずがなかろうぞ! コヒュウコヒュウ......そうだ、落ち着け材木座義輝。今こそこの手を伸ばす時...!)


材木座「も、もももちろんボクでよければ......!!」


材木座「............あるえ?」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 15:36:19.10 ID:CZ3E5ga70
続きを読む