女幼馴染「君の匂いを嗅いでいると落ち着く」男「そうか」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/12(水) 01:57:47.18 ID:BdIVg3io0


幼馴染「ボクはどうすればいいんだ」

男「俺に聞くなよ」

幼馴染「もしかしてボクは君のことが好きなのでは?」

男「そりゃあすげえや」

幼馴染「ちょっと真面目に聞いてる? こっちは真剣なんだよ!」

男「そんなこと言われたってなんて返答すればいいんだよ」

幼馴染「『俺もお前の匂いを嗅いでいると落ち着くんだ』とかあるだろ!」

男「なるほど」

幼馴染「全く......そんなこともわからないのか」

男「なあ幼」

幼馴染「ん? なんだい?」

男「俺、幼の匂いすごい好きだよ」

幼馴染「......」

男「どうした?」

幼馴染「急に何言ってんだよ君はぁ......」ぷしゅー

男「お前は一体何がしたいんだ」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/12(水) 01:59:08.80 ID:BdIVg3io0


【読書】


男「......」ぺら

幼馴染「......」

男「......」ぺら

幼馴染「ちょっと、まだボクが読んでる」

男「知らんがな」

幼馴染「ほら、ページ戻して」

男「えー」

幼馴染「......」

男「......」

幼馴染「次のページいっていいよ」

男「お前が先に読んでていいよ。俺は後で読むから」

幼馴染「それは別にいいや」

男「でも、読みたいんだろ?」

幼馴染「そういうわけではない」

男「意味がわからん」ぺら

幼馴染「......」

男「......」ぺら

幼馴染「まだ読んでる」

男「......」ぺら

幼馴染「おい!」

男「あーやべー手が止まんねー。ちょー面白いわこの漫画ー」ぺら

幼馴染「ボクが読み終わってないだろ!」

男「お前が読むの遅いのが悪い」ぺら

幼馴染「ぬー......」

男「......」ぺら



ーーー


男「ふー」ぱたん

幼馴染「あ。読み終わった?」

男「うん」

幼馴染「ボクも読むから貸して」

男「結局読むかい」


続きを読む