白菊ほたる「幸か不幸か」二編


関連SS



1: ◆eNG1oV0yHU:2017/08/12(土) 10:14:57.28 :cmzcdCY2O

これはまだ、あなたと彼女が出会う前のお話


3: ◆eNG1oV0yHU:2017/08/12(土) 10:20:45.33 :cmzcdCY2O

〈猫の籠〉


ある日、道端で籠を地面に置いている男性がいました

籠はプラスチック製で、蓋付き
蓋にはパチンと止められるようなフックが備わっています

ほたる(何の籠だろう...?)

蓋は半分まで開けられていて、中で何かが動いているのが見えます


子猫「にゃー」


ほたる「!」

ほたる「猫さん...」


4: ◆eNG1oV0yHU:2017/08/12(土) 10:27:04.79 :cmzcdCY2O

「ああ、これか?」

私の独り言に男性が応えます

ほたる「すみません...」

あまり他人の持ち物を覗き込むのはよろしくありません
...謝り癖が出てしまいました

「こいつは、籠の中で野良猫に餌をやっているんだ」

ほたる「そう、でしたか...」

ほたる「すみません...あの、どうして籠の中で、野良猫に餌を?」

「この籠は便利なんだ」


5: ◆eNG1oV0yHU:2017/08/12(土) 10:32:54.00 :cmzcdCY2O

ほたる「便利...?」

「籠の中に餌を入れて、こうして半分くらい開けて置いとく」

「猫は好奇心旺盛で、薄暗い場所が好きだ」

「こうやって置いておくだけで、勝手に猫が入って来るんだ」

ほたる「な、なるほど...」

子猫「にゃー」

猫さんは籠の中で、カリカリと与えられた餌を食べています

ほたる「...ふふっ」


続きを読む