秋雲「もう一度だけ子供に戻らせて」


14: ◆DRWAQA1PyQ:2017/07/25(火) 00:16:46.05 :IoR8Tqv60

固い絆は消えないないモノだと思ってた。血のつながりは色あせないモノだと信じてた。

そうじゃなかった。何年も隣にいたんだとしても、実の姉妹だろうとしても、あの日のようには交われない。

いや、あの時の関係は何も変わってない。人が変わったんだ。

お互い離れていた時間。その間に、あの人は大切なものをたくさん見つけて、わたしはスカすようになった。

たったそれだけ。でも、たったそれだけで、わたしはあの人と昔のように話すことが出来なくなったんだ。



風雲「なに気取ってんの。どうせまた陽炎さんのこと避けてきただけでしょ?」

秋雲「さ、避けてなんかないって。間が悪くて、同じ班の人と話してたし」

風雲「......艦娘なる前からの姉妹なんでしょ? どーんと行っちゃいなさいよ」

秋雲「いや、だって、向こうも都合あるし、タイミング見なきゃ」

風雲「艦娘やってればダラダラしてるときなんて無いわよ。いいから当たってきなさいって」

秋雲「上手くいく目処が立たないの。それなんなのに突っ込むのはちょっと」

風雲「馬鹿馬鹿しい? 間抜け?」

秋雲「うん。そうじゃない?」

風雲「......今のは聞かなかったことにするから。どうにかしなさいよ」

秋雲「あ、風雲待って......って、行っちゃったかー」

「何か不味いこと言っちゃってたのかな? だめだわ、心当たりも浮かばない」

「んー、んー、んー。」

(衝突)


続きを読む