後輩「先輩って死ぬほど胸無いですね」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/10(木) 21:09:56.98 ID:QLdMf2K10

先輩「あ?喧嘩売ってんのか?」

後輩「別に悪意は無いですよ、事実を言っただけです。可愛らしい胸をお持ちで...ぐうっ!」

先輩「おらおら、クソ弱いくせに調子乗んじゃねえぞ」ギリギリ

後輩「ぐ、うぅ...やめ、やめて...」

後輩「ごべんなさい、ごべんなさいい...調子に乗ってました...私は哀れなウジ虫です...」

先輩「多少デカいからって、世の貧乳を否定できる権利を持ってると思うんじゃねえよ」























2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/10(木) 21:10:24.93 ID:QLdMf2K10

後輩「はあ?女の癖にチチ無しの化け物が人間張りの口聞いてんじゃねえよ」

先輩「...お前、ついさっき落とされかけたのによくそんな口叩けるな...」

後輩「おらおら、少しは言い返してみろよクレーターが」

先輩「......いいやもう、シャワー浴びてくっから。もうすぐバイト行かねえと」

後輩「あれ、もう行っちゃうんですか?」

先輩「バカに付き合ってられねっからよ。お前もちゃんと講義行けよ」

後輩「いつ帰るんですか?いつ?」

先輩「さあ。6時半くらいじゃねえの?」

後輩「6時半、ですか。6時半。分かりました」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/10(木) 21:11:02.57 ID:QLdMf2K10

先輩「今帰ったぞーい」

後輩「おかえりなさい、先輩」

後輩「もう7時ですよ。何してたんですか?」

先輩「何って、バイトだよ。少し残業で遅くなっちったんだ。ごめんな」

後輩「......そっすか」

先輩「...悪かった。そんな顔するなよ」

後輩「いえ、いいんです。ご飯作ったから一緒に食べましょ」

先輩「ん...先食ってても良かったのに」

後輩「先輩と一緒に食べたかったんですよ。ほらほら、早く座って」


続きを読む