いじめっ子後輩(♀)「あ、なんならウチのセンパイとヤらせてあげたげよっか。」 いじめられっ子(♀)「え…!」


1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/08/09(水) 21:42:45.526 :r2udK1QE0.net

俺「えっ......?」

後輩「アハハッ!それ名案!ねー男とヤりたいんでしょ?だったらセンパイ貸したげるってぇ!」

俺「ち、ちょっと待って......」

後輩「黙ってろ。............ね、いい加減オナニーばっかじゃ飽きんでしょ?だったらウチのセンパイとヤればいいじゃん!」

いじめられっ子「そ、そんなの...」

後輩「あーあーいいのいいの、この人ウチの言うことだったらなんでも聞くし。ねっ?」

俺「......うん...。」

後輩「ほら!センパイもこう言ってんだしさぁ!......なぁーにぼさっとしてんの?ほら、脱げよ。なあ。」

いじめられっ子「ち、ちょっと待ってよ...!............だって、いじめっ子ちゃんは...い、いいの?二人は、だって......恋人で...」

後輩「......は?」


11:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/08/09(水) 21:47:59.239 :r2udK1QE0.net

後輩「そうだけど?付き合ってるからなに?だから他の人とヤらせちゃダメなの?え?」

いじめられっ子「............。」

後輩「......なんかカチンときた...。おい、謝れよ。ウチに謝れ。」

いじめられっ子「えっ、えっ...!」

後輩「謝れよほらぁッ!!土下座ッ!頭ァ地面にくっつけてさァ!!ほらああッ!!」

いじめられっ子「ぎぃいッ!?い、いだっ...!や、やめっ......ゆるしてっ...!ゆるしてっ......くだ、さぁっ...!」

後輩「許してじゃねぇんだよ!!謝れっつったらごめんなさいだろうがっ!!ぁああッ!!?」

いじめられっ子「ご、ごめんなさっ!ごめんなしゃっ...ぐッ......ごめんなざぃぃ......!」

後輩「......♪............謝れっつったらさっさと謝れよ、だからいじめられるったんだよバァーカ。」

俺「............。」


続きを読む