輝子「絶対特権……フヒ」


1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/09(水)10:16:51 ID:tdf


森久保「き、キノコさんキノコさん」


輝子「フヒ。な、なんだいボノノさん」(ワッシャワッシャ


森久保「さ、されるがままですけど、いいんですか、それ......」

モバP(以下P)「........................」(ヒザニノセアタマワシャワシャ

輝子「フヒ......親友の手、暖かい。程よい温もりでキノコ大喜び......フヒ......」(ヒザニノセラレアタマワシャワシャ

森久保「あ、そうですか......お二人の幸せオーラにもりくぼ、けしずみになってしまいそうなんですけど......。すみくぼなんですけど......」



2: 名無しさん@おーぷん 2017/08/09(水)10:17:16 ID:tdf

輝子「フヒ、フヒヒ......フヒャッ!? し、しんゆー......くすぐったいってば......」

P「(くすぐったがる輝子ぐうかわいい)」

森久保「(全面的に同意なんですけど......)」

P「(だよな)」

P「うし、そろそろ休憩終わるから、膝から降りるがよい」

輝子「あ......わかった。............フヒ」


転載元:輝子「絶対特権......フヒ」

スポンサーリンク



3: 名無しさん@おーぷん 2017/08/09(水)10:17:32 ID:tdf

P「(ちょっと残念そうにする輝子天使かよ)」

ちひろ「(天使ですよ)」


P「(悪魔が言うと説得力が段違いですね)」

ちひろ「(誰が悪魔ですか誰が)」

輝子「......フヒ」


4: 名無しさん@おーぷん 2017/08/09(水)10:17:45 ID:tdf

~翌日~

P「(さて、休憩中なわけだが)」

P「(輝子はまだレッスン中)」

P「(そろそろ帰ってくる頃だと思うが、この溢れ出るパッションをどうしてくれようか......)」

P「で、なんでさも当然のように君は俺の膝を枕にゲームしてるのかね、杏さんや」

杏「いいじゃん別にー。こんな美少女に膝を枕にしてもらえるんだからさー」



続きを読む