老ガイル【俺ガイル】

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/07(月) 23:06:54.16 ID:m60a5kLz0

俺ガイルssです。

これは八幡と雪乃の未来のifストーリーになります。

※このssに出てくる二人が童○と処○です。


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/07(月) 23:07:21.27 ID:m60a5kLz0



家族、それは男女が愛を交わして

その愛が育みやがて子供が生まれるという

人類が有史以前から持ち合わせているコミュニティの一種だ。

この俺、比企谷八幡もそのコミュニティのおかげでこの世に生を持てた。

だが俺の場合は家族というカテゴリーからかなりかけ離れる。

何故なら我が家には俺の他にMyスウィートエンジェル小町ちゃんがいる。

両親は小町にたっぷりと愛情を注ぐには生憎と俺には...

生まれてこの方、俺は家族からの愛というものをろくに知らない。

それに誰かに好かれたことも一度だってない。

精々小町から茶化される程度のモノしか受け取れていない。

そんな俺が家族など持てるわけがない。そう思い今日まで生きてきた。

こうして捻くれ者として人生を歩み続けて彼此87年の歳月が過ぎた。


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/07(月) 23:08:55.10 ID:m60a5kLz0



「ヒキタニさん。ヒキタニのお爺さん。朝ですよ!起きてください!」


「うぅ...うるさいのぅ...もっと寝かせろ...」


「何言ってるんですか!もう朝の9時過ぎ。とっくに食堂が閉まっている時間ですよ!」


介護のヘルパーさんに叩き起されて俺はようやく目が覚めた。

比企谷八幡、御年87歳。既に高校を卒業してもう70年が過ぎた。

本来なら一人気ままに余生を過ごすはずが近所の民生委員により介護施設にぶち込まれた。

なんでも老人の一人暮らしは危険だとかそんな理由だ。

まったく余計なお世話だ。俺は最期までぼっちとして生き抜くつもりだったのにな。

だがここでの生活は案外悪くはない。

日々、職員たちが身の回りの世話をしてくれるので食いっぱぐれる心配はない。

まあヘルパーさんが未だに俺の名前を間違っているのだけは納得いかんのだが...

けど俺の担当ヘルパーさんだが

もう5年も付き合いあるのに未だに俺の名前を間違えたままなのは問題あるだろ。


続きを読む