ワタシが如何にして美穂さんの前でボクに戻ってしまうのか

1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/07(月)15:43:55 ID:lPa


※それなりに百合です。なので、多少のキャラ崩れを含みます。
※独自設定が多量にあります。



2: 名無しさん@おーぷん 2017/08/07(月)15:44:26 ID:lPa


「幸子ちゃん、そこに正座をして」

自宅に帰ってきた途端に、突然美穂さんにそんなことを言われたので当然ボク──こほん、ワタシは困惑した。正座って、ここは玄関なんですが。玄関前で帰りを待っていてくれたという意味で考えると凄く嬉しいんですけれど、いや、とは言え玄関で正座はさすがにちょっと。
しかし、どうにもワタシは美穂さんに逆らうことができないので、とりあえず靴を脱いで正座をしようとすると、座布団を玄関に敷いてくれた。天使ですか。
どうでもいいですが、美穂さんのエプロン姿がとても可愛い。天使ですね。

美穂さんは正座をするワタシに顔を近づけてきて、じっと目を見据える。
まっすぐな眼差しに、ちょっと顔を逸らしたくなる。よくわからない気恥ずかしさが半分と、ナニかをしでかしてしまいそうだ、という自己抑制のために。
ナニカって何か、なんでしょうね。


3: 名無しさん@おーぷん 2017/08/07(月)15:45:00 ID:lPa


美穂さんが通う大学と同じ、都内の大学に入学が決まって以来、ワタシと美穂さんは同居を始めたが、一緒に暮らし始めてからこんなことは初めてのことだ。
いや、エプロン姿でお出迎え、ということ自体は珍しくはないんですけどね。
卒業に必要な単位も十分に取得できていて、アイドル、女優としての活動が安定しているから就職活動も必要ない美穂さんには時間的な余裕が比較的、一年生であるワタシと比べてあるので、ご飯を作って待っていてくれるということはよくあることです。羨ましいでしょう。

ただ、さすがに自宅に帰ってきた途端に正座をさせられる、なんてことは初のことでした。
記憶している限りでは、人生において初めてであることは間違いないかと。


続きを読む