鳳翔「ええっ? 私とケッコンですか?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 22:28:59.07 ID:GKPlxk3K0



鳳翔「ええっ? 私とケッコンですか?」


鳳翔「あああ、ああの、あのっ、えっ? 私ですか? 本当に?」


鳳翔「や、やめた方が良いと思います、その、私は......。空母の母と言われるほど年をとってますし......」


鳳翔「それに、その、今の、ナウい? 方々というのでしょうか、そんな方々のような魅力もないですし」


鳳翔「改になっても装備スロットは3ですし、搭載数も正規空母、いや他の軽空母に比べても貧弱ですし......」


鳳翔「燃費も軽い方です。......提督のご好意は嬉しいのですが、その......」


鳳翔「私なんかとケッコンする意味は、ないと思いますので......」


鳳翔「申し訳ございません。提督からのプロポーズは、お断りさせていただきます......」


鳳翔「............え?」


鳳翔「それでも私が......いいのですか?」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 22:34:41.92 ID:GKPlxk3K0



鳳翔「提督......」


鳳翔「もしかしてこのケッコンのお話。ご冗談では、ありませんよね?」


鳳翔「私をからかっているとか......」


鳳翔「私は、いっぱい説明しましたよ?」


鳳翔「......」


鳳翔「......すみません。そんなに怒るとは思いませんでした......」


鳳翔「私だって、女です」


鳳翔「自分の魅力くらい、存じてます」


鳳翔「だから、その」


鳳翔「だからこそ、提督には、私よりももっと素敵なお相手がいると思うのですが......」


鳳翔「え? 貴方のことが嫌いかって?」


鳳翔「そんな訳ないでしょう! 怒りますよ??」


鳳翔「......」


鳳翔「......すみません......今のは忘れてください......」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/28(金) 22:40:10.41 ID:GKPlxk3K0
続きを読む