男「柔らかい穴、柔らかい穴」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/29(土) 07:22:37.96 :vxxA60k20

男「もうオナホにも飽きちった。射精はできるけど初めて入れた時の興奮はもう無いなあ」

男「うーん...そうは言っても射精させるためだけに生まれたオナホを超える素材なんてあるのかな」

男「とりあえず柔らかい穴ならなんでもいいや。色々試してみよう」

男「要はオナホよりも優れた点を持った素材を探せばいいんだな」

男「部屋に転がってないかな?柔らかい穴」

がさごそがさごそ

男「うーん無いなあ柔らかい穴。鞄の中も机の中も探したけれど見つからない」

男「ああもう朝じゃん。5時間探して収穫無しかあ」

男「お腹空いたからなんか食べよう。鶏でピカタとローストチキンと唐揚げ作ろう」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/29(土) 07:23:48.84 :vxxA60k20

男「えーっと...」

男(.........あれ?)

男「鶏肉......」

男「そうか、そうか!」

男「オナホに無いもの、肉感だ!」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/29(土) 07:25:07.70 :vxxA60k20

竿全体を包める丸鶏なのが幸いだった。脇腹からずぶずぶと肉を割り進んで行き、アドレナリンで枷が外れた握力で肉を圧迫する。オナホのような圧迫感は無かったものの、冷蔵庫で冷やされた鶏肉はしっとりと竿を包み吸い付くようだ。空気抜きしたオナホのような人工的なものではない。まるで違う。絶対的な生肉の快感。かくかくと猿のように必死に鶏肉で竿をしごくと10往復も保たずに男は果て、肉の中に大量の精子を注ぎこんだ。


続きを読む