飛鳥「……ヤツが来る」 ありす「はい?」

1 :◆MBta3/Lt2Q:2017/07/16(日)22:13:18 :9Dl(主)

飛鳥「ああ、ようやくだ、ようやくだ。この時が来るのをずっとずっと待っていた。待ち望んでいた」
飛鳥「この日が来ると理解っていたからボクはボクでいられたんだ。キミがキミでいられたのと同じように」
飛鳥「ああ、理解っているよ。ボクらの間に能書きはいらないことくらい」
飛鳥「けど、最期はせめて孤独を癒したいと想う事に罪は無いだろう?」
飛鳥「墓所までの供も、いやしない。誰も彼も、ボクの末期を看取ってはくれないだろう」
飛鳥「人知れずボクは死んでいく。誰も、ボクのことを知らないままに」
飛鳥「けれど、これでいい。なにせ、これがボクの望んだ結末なのだから」
飛鳥「さあ、始めようじゃないか。結末は既に見えている。けれど、それでも、足掻こうじゃないか。キミを神の座から引き摺り降ろすためにね」
飛鳥「そうさ、足掻くよ、ボクは。それが、人の生き様というものなのだから。人類として、霊長類の長として、今日という日を終わらせよう」
飛鳥「さあ、待たせたね! お待ちかねのカーテンコールの始まりさ!」
ありす「何をやってるんですか、こんな屋上で」


2 :◆MBta3/Lt2Q :2017/07/16(日)22:17:44 :9Dl(主)

飛鳥「ッ! ......なんだキミか。全く、驚かせないでくれ」

ありす「キミじゃないです、橘です。人の名前はちゃんと呼ぶべきだと思います」

飛鳥「悪かったよ、ありす」

ありす「橘です!」

飛鳥「わかったわかった、降参だ」

ありす「それで、何をやっていたんですか?」

飛鳥「何って?」

ありす「さっき、何かブツブツ呟いていたじゃないですか、空を見上げながら」

飛鳥「..................」

ありす「..................」


3 :◆MBta3/Lt2Q :2017/07/16(日)22:23:17 :9Dl(主)

飛鳥「......どこから聞いていた?」

ありす「ヤツが来るってところからです」

飛鳥「..................」

ありす「空から何が来るんですか?」

飛鳥「..................」

ありす「..................」

飛鳥「......キミには、アレが視えないのかい?」

ありす「見えてますよ? 綺麗な青空ですね」

飛鳥「..................」

ありす「..................」


4 :◆MBta3/Lt2Q :2017/07/16(日)22:28:28 :9Dl(主)

飛鳥「............ボクは常々こう想っていた、人は美しくないと」

ありす「はあ」

飛鳥「ボク達のセカイはいつも醜い。誰も彼もが傷つけあって生きている」

ありす「............」

飛鳥「キミは、樽の中に腐った林檎があったらどうする?」

ありす「なんですか? いきなり」

飛鳥「ただの喩え話だよ」


5 :◆MBta3/Lt2Q :2017/07/16(日)22:34:40 :9Dl(主)

飛鳥「今キミの目の前に樽があるとする、林檎がギッシリ詰まった樽さ」

ありす「はあ」

飛鳥「その樽の中に一つ、腐った林檎があるとする。さあ、キミならどうする?」

ありす「それはもちろん、その林檎を捨てますね」

飛鳥「どうしてだい?」

ありす「樽の中身が全部腐ってしまうからに決まってます」

飛鳥「ああ、そうだ。それが正解だ。そして、同時に間違いでもある」

ありす「正解で間違いっておかしくないですか?」


6 :◆MBta3/Lt2Q :2017/07/16(日)22:41:11 :9Dl(主)

飛鳥「ありす、一つの答えしかないセカイというのは、子供のセカイだ」

ありす「む......。なら、飛鳥さんは答えをいくつも持っているわけですね?」

飛鳥「もちろん」

ありす「なら、飛鳥さんならその林檎をどうするんですか?」

飛鳥「ボクは林檎には何もしないさ」

ありす「はい?」

飛鳥「ボクがするのはただ一つ、樽を壊すことさ」

ありす「どういう......?」

飛鳥「腐っているのは林檎じゃない、樽の方だった、というわけさ」


7 :◆MBta3/Lt2Q :2017/07/16(日)22:45:59 :9Dl(主)

ありす「それで......」

飛鳥「なんだい?」

ありす「それで、それとヤツに何の関係が?」

飛鳥「..................」

ありす「..................」

飛鳥「..................」

ありす「..................」

飛鳥「......ヤツ?」


9 :◆MBta3/Lt2Q :2017/07/16(日)23:30:17 :9Dl(主)

ありす「なんか、神の座から引き摺り下ろすんですよね? ヤツを」

飛鳥「..................」

ありす「..................」

飛鳥「大衆......」

ありす「はい?」

飛鳥「キミは、大衆というものを信じるかい?」


10 :◆MBta3/Lt2Q :2017/07/16(日)23:35:38 :9Dl(主)

飛鳥「ボクらが偶像であるためには、大衆の支持が必要だ」

ありす「アイドルであるためにはファンの方々の声援が必要ですね」

飛鳥「..................」

ありす「なにか?」

飛鳥「......ボクはね、大衆という概念はあってないようなものだと想っている」

ありす「はあ」

飛鳥「ニーチェもオルテガも大衆を毛嫌いしたものさ。大衆はバカだ、とね」

ありす「......?」

飛鳥「けど、彼らは死んだ。そう、どのような崇高な哲学者であれ、いずれは死ぬ。それが早いか遅いかは人によるけどね」


11 :◆MBta3/Lt2Q :2017/07/16(日)23:40:41 :9Dl(主)

飛鳥「大衆というものを暴こうとした人々は、悉く死んでしまった。そして、いつしかそれを語ることすらなくなってしまった」

ありす「これ何の話でしたっけ?」

飛鳥「大衆という命題は、未だに解決していない。そして、語られなくなった。知っているかい? 語られなくなった命題は、無いのと同じだってね」

ありす「無いのと同じ?」

飛鳥「そうさ、大衆が何かと問われなくなった時、大衆はいなくなってしまった。なら、その大衆に支持される偶像はなんだ?」

ありす「............?」


12 :◆MBta3/Lt2Q :2017/07/16(日)23:48:03 :9Dl(主)

飛鳥「大衆というものを暴こうとした人々は、悉く死んでしまった。そして、いつしかそれを語ることすらなくなってしまった」

ありす「これ何の話でしたっけ?」

飛鳥「大衆という命題は、未だに解決していない。そして、語られなくなった。知っているかい? 語られなくなった命題は、無いのと同じだってね」

ありす「無いのと同じ?」

飛鳥「そうさ、大衆が何かと問われなくなった時、大衆はいなくなってしまった。なら、その大衆に支持される偶像はなんだ?」

ありす「............?」

飛鳥「個が個として成立するのは必然だが、他者によって成立する偶像が他者を介在せず存在するなんてありえない。だとすれば、今の世に偶像が偶像たり得るのは一つの理由しかないだろう」


13 :◆MBta3/Lt2Q :2017/07/16(日)23:53:13 :9Dl(主)

ありす「......神の座というものにアイドルがいるということ?」

飛鳥「部分的にはYESだが、正確にはNOだ。偶像は、まだ神の座には至っていない。至ろうとしているんだ。だから、引き摺り下ろす」

ありす「............なるほど」

飛鳥「理解ってくれたかい?」

ありす「分かりました」

飛鳥「ああ、良か――」

ありす「――では、次の質問ですが、墓所までの供とは?」

飛鳥「!?」


14 :◆MBta3/Lt2Q :2017/07/16(日)23:56:56 :9Dl(主)

飛鳥「............ありす」

ありす「橘です」

飛鳥「つかぬ事を聞くけれど」

ありす「はい?」

飛鳥「質問は、あと何個残っているんだい?」

ありす「ええと......『人類と霊長類の長の関連について』が一つと、『結末が見えているのに何で足掻くの?』と、『現代社会で人知れず死んでいく事は可能か否か』と、それからそれから」

飛鳥「分かった、もういい」

ありす「もういいんですか?」


15 :◆MBta3/Lt2Q :2017/07/17(月)00:07:57 :voe(主)

飛鳥「キミは聡い子だ、ボクが次に何を言うか、もう理解っているだろう?」

ありす「子供じゃ無いですけど、分かります」

飛鳥「......なるほど、キミは分かってはいても、理解ってはいないのか」

ありす「はい?」

飛鳥「いや、なに。ただの独り言さ」

ありす「そうですか」

飛鳥「..................」

ありす「..................」


16 :◆MBta3/Lt2Q :2017/07/17(月)00:13:47 :voe(主)

飛鳥「......何が目的だ」

ありす「冷蔵庫、2段目、奥」

飛鳥「ッ! それは!」

ありす「上手く隠したとお思いだったのでしょうが、私の眼からは逃れられませんよ」

飛鳥「待ってくれ! それは、あまりにも惨すぎる仕打ちじゃないか!?」

ありす「なら、いいんですね? ヤツの存在を、皆んなに言ってしまっても」

飛鳥「............ッ!」

ありす「ふふふ」

飛鳥「......キミは、ずるいヤツだ」

ありす「それは、肯定と受け取りますよ」

飛鳥「好きにするといい」

ありす「ありがとうございます、ごちそうさまです」


17 :◆MBta3/Lt2Q :2017/07/17(月)00:17:26 :voe(主)

飛鳥「..................」

飛鳥「..................」

飛鳥「......行った、か」

飛鳥「ハァ、全く。最近のありすときたら、どんどん子供らしくなってしまっている」

飛鳥「入ってきたばかりの頃の、触れたら怪我しそうなあの凛々しさはどこへ行ったのやら」

飛鳥「............」

飛鳥「......ま、今の彼女の有様が、好ましくないと言ったら嘘になるのだけれどね」

飛鳥「全く......ボクに力さえあれば、こんなまどろっこしい事なんてしなくて済んだんだけど」

飛鳥「まあ、無い物ねだりをするような齢ではないけれどね、ボクは」

飛鳥「邪魔が入って悪かったね。さあ、仕切り直しと行こうか」


18 :◆MBta3/Lt2Q :2017/07/17(月)00:20:43 :voe(主)

飛鳥「そうだ......この感覚だ。久しく忘れていたよ。ああ、そうだ、これでいい」

飛鳥「さあ起きろ、グリモワール。ボクの命を好きなだけ吸うが良い。だから、今だけ力をよこせ!」

蘭子「我が友よ! 私の名を呼んだか!?」

飛鳥「..................」


おわり


おーぷん2chに投稿されたスレッドの紹介です
タグ :
続きを読む