モバP「晴ちゃん!! キミに決めた!!」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/17(月) 00:00:12.63 :PQnqZVCD0

P「俺の名はP! これからこの346プロで働くことになった新人プロデューサーだ」


P「夢は担当アイドルをトップアイドル―――アイドルマスターにする事!」


P「そして今日は俺の初出勤日! これから担当するアイドルと初対面するというわけだぁ!」


P「くぅ~~! 心が躍るぜ!」


P「俺は一体どんなアイドルの子を担当するのかな? 楽しみだぜ!」



P「と、期待を膨らませたのだけれど――」



P「寝坊したぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/17(月) 00:01:14.81 :PQnqZVCD0

P「ヤバいヤバい! 初出勤で遅刻とか社会人としてシャレにならん!」


P「くぅ~~間に合え――ッッ!!」


タッタタタタタタッ!!!


P「すみません! 遅れました!!」

美城「遅い!! 一体何をしていたのだ!?」

P「も、申し訳ございません!」

美城「初日から重役出勤とは恐れ入る。他の新人プロデューサー達はちゃんと来たというのにな」

美城「まったく先が思いやられる.........まぁいい」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/17(月) 00:02:00.87 :PQnqZVCD0

美城「では自己紹介をしよう。私の名は美城。君達新人プロデューサーにアイドルを渡す役目を担っている者だ」

美城「この346プロには役200人程のアイドルが在籍しており。各人がそれぞれトップアイドルになるべく活動をしている

美城「我が346プロからトップアイドルを輩出する。それが私の夢だった.........」

美城「だが私はすでにBBA。自らがプロデューサーとしてアイドルを育成するのは厳しい」

美城「そこで君達新人プロデューサーに私の夢を託したい!」


美城「私の代わりにトップアイドル―――アイドルマスターを輩出してくれ」


P「はい!! 必ずや専務の期待に応えてみせます!」


続きを読む