【モバマス】早坂美玲「アイドルサバイバルin仮想現実」【その3】

関連記事:




676: ◆E.Qec4bXLs 2015/02/14(土) 11:28:50.34ID:cUGxJX090


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
チャプター
双葉杏&諸星きらり&堀裕子&神崎蘭子&十時愛梨


ゲーム開始88分時点


裕子「エスパーユッコここに推・参!!」

蘭子「我こそは仮想の庭園に降り立つ悪姫、ブリュンヒルデなり!」


陽動作戦開始


蘭子「今こそ我に力をもたらせ...!グリモワールよ!」


不本意ながら着込まざるを得なかった黒のパーカー、そのポケットは蘭子のスケッチブックを丸め込んで収納するにはちょうど良かった

破られた白紙のページが変化する。この状況に最適な道具へと


ヒョウくん「......」

翠(ボット)「今までで一番活きの良いお客様ですね」

四本の矢が翠の矢筒に装填された、これで彼女の能力はリセットされたことになる

翼竜の周囲の大岩、数分前に落ちてきた聖と美玲による流れ弾が同時に崩折れた

彼女の能力による固定が無くなったそれらが脆く倒れていく


裕子「おぉっ!地震ですか!?」

蘭子「ち、地形が変わっていくだと...!」

翠の能力を知らない二人からすれば、なんの前触れもなく周囲の瓦礫が倒れたようにしか見えない

その隙に一人と一匹は突く、瓦礫の砂塵を振り切って血管の浮いた羽が空を切る


裕子「むむっ!先手は取らせません!」


急接近する巨大な敵に彼女が選択した武器もまた瓦礫、自身の倍からある大きさのそれを担ぎ上げた


「さいきっく 念動力!!」


それはただの投石、ただし必殺の威力で翼竜とその背の翠を襲う


続きを読む