【モバマスSS】傾奇者→歌舞伎者

1: オリP 2017/07/15(土) 23:17:01.77 ID:yQzEqY9W0

梅雨。


一面に広がる曇天の下、しとしとと降り続ける。予報によれば後二、三日はこのままらしい。
この雨のせいでグラウンドを使う部活はみな、屋内でのトレーニングを余儀なくされ、活気のいい声があちこちから聞こえてくる。


その喧騒から逃れるため、特別教室棟にいた少年は落ちている一冊の本に目を止めた。


「まえだ、けいじ?」


マンガで雄々しい男性が一面に描かれている。中を見ると、やはり雄々しい。迫力のあるコマ割りで主人公が武器を持って戦っている。


「あー!」


マンガに夢中になっていたせいで、女子生徒の大きな声に必要以上に驚いてしまう。


「それ、アタシの本!」


大きな声を上げた女子生徒がこちらにやってきた。やや緑がかった黒髪で、前髪を切り揃えているのが特徴的。メモクリッとしており可愛らしい印象を与える。
制服を着崩した服装の女子生徒が多い中、彼女はしっかり着こなしている。そして学年を表すリボンは赤。少年の青――一学年よりも一年先輩であることを表している。


「そうだったんですか。すみません。勝手に読んでしまって」


「あー。別に謝らなくていいよ。あたしが落としたものだし、雨で汚れてなくてよかった......」


少年は先輩にマンガを返す。彼女は一応汚れがないかマンガを開いて確認する。


「無事で良かった。拾ってくれてありがとう!えーっとお名前は?」


少年は自分の名前と学年を教える。


「なるほど、後輩君なわけか!学校には慣れたかな?」


「まあ、それなりには......」


「困ったことがあれば、アタシに相談しなさい!アタシは丹羽仁美!先輩だからさ!」


仁美はポンポンと少年の肩を叩く。


「少年は、これ読んでたけど慶次に興味ある?もしかして知ってる?」


仁美は、仁美を輝かせて少年に近づく。こういう経験が乏しい彼は目を泳がせながら、


「い、いや......。聞いたことないんですけど......」


「まあ、そうだよね......」


それを聞いて仁美は肩を落としてため息を交じりに話す。明らかに落胆している。それを見て少年も少し罪悪感を覚えてしまう。


続きを読む