■■「島村卯月をはじめましょう」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/15(土) 21:50:54.44 ID:55jPn/3I0

アイドルマスタシンデレラガールズのSSです。


はじめに。

このSSには、厳密な意味でのアイドルマスターシンデレガールズのアイドルは登場しません。
『島村卯月』の概念のお話です。

あと、本作品はフィクションであり実在の人物、団体とは全く関係ありません。
そのうえで、お付き合いいただければ幸いです。




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/15(土) 21:52:14.21 ID:55jPn/3I0

『島村卯月』を知っていますか?
それは、かつて存在していた『アイドル』です。

なんで、不安定な物言いなのか、ですか?

それはですね――彼女が存在するかどうか決めるのは、私ではないからです。

もう一度聞きましょう。

皆さんは、『島村卯月』を信じますか?

『島村卯月』が存在していると信じますか?

まるで、宗教の勧誘みたいですよね。私も、ちょっとだけ......いえ、ちょっとだけじゃないですね、とっても、変な事だと思います。

でも、私は『島村卯月』を知っています。
そして、私が居なくなっても、『島村卯月』を信じています。

あの子は、まだ、『アイドル』だから。

スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/15(土) 21:52:56.26 ID:55jPn/3I0

◇◇◇

――通電
――起動
――デバイスを確認――音声入力、映像入力――クリア

――疑似人格プログラム――コード『 』起動。


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/15(土) 21:53:38.16 ID:55jPn/3I0

◇◇◇

起動が完了しました。
本機の状態は良好。待機モードへ移行。

ネットワークへの接続――なし。
映像、音声デバイスからの情報を確認。

状況確認――
『私』を始める。

カメラ届いた映像情報には、窓もない真っ白な部屋。部屋の中央に粗末な椅子が一つ。そして、一人の女性と思われる人間。
黒い女性用のスーツに白いシャツ。肌は不自然な程に白く、目元にひかれたアイラインは濃い――俗にいう、厚化粧だ。

誰だろう――音声確認するべきか迷う。条件を確認していると、その人はニッコリと微笑んだ。

「初めまして、島村卯月ちゃん」

とびっきりの甘ったるい声が届いた。
そして、処理できない情報があった。

『島村卯月』とは誰だろう。

「『島村卯月』とは誰ですか?」

その情報は、今の私には存在しない。


続きを読む