ガヴリール「ヴィーネが最近妙に冷たいんだよ」

1: ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/07/10(月) 12:01:03.90 ID:Xxtt7z4V0

ガヴリール×ヴィネット


2: ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/07/10(月) 12:01:56.80 ID:Xxtt7z4V0

ジャンル:恋愛



3: ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/07/10(月) 12:03:20.90 ID:Xxtt7z4V0

ガヴリール「前は定期的に私の部屋を掃除しにきてたり、自主的に料理作ってくれたり、宿題のわからないところとか、なんやかんや写させてくれたりしてたんだ」

ガヴリール「でも最近あんまり向こうから話かけてこなくなったっていうか、目が合うとバツが悪そうに逸らされるし、こっちから話かけようとしたら何かと理由をつけて逃げられるようになって......かれこれ一週間まともに会話してなくて......」

ガヴリール「もしかして私、ヴィーネに愛想尽かされちゃったのかな......とか一人でいると色々考えちゃうんだよ、はは、私らしくないよね」

ラフィエル「んー、会話をしてないっていうのは朝もですか?ヴィーネさんと一緒に登校しなくなったとか」



4: ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/07/10(月) 12:04:51.15 ID:Xxtt7z4V0

ガヴリール「う、うん......なんか今日は寝坊したから先に学校行ってて、みたいなことがずっと続いてて......これって変だよね、絶対」

ラフィエル「ヴィーネさんがガヴちゃんを避けてる......ということですか?」

ガヴリール「ああ、多分な、理由はわからないけど......ほんとに、わけがわからない」

ラフィエル「本当に心当たりはないんですか」

ガヴリール「心当たり......あ、ちょうど一週間前にヴィーネが私の部屋に来てさ」

ラフィエル「ふむふむ、それで」



5: ◆VsKDZIx0tDcQ 2017/07/10(月) 12:06:37.14 ID:Xxtt7z4V0

ガヴリール「それで例のごとく部屋を掃除し始めて、私は普段通り気にせずネトゲしてたんだけど、その時にヴィーネが何か言ってたような......」

ラフィエル「何かとは......ガヴちゃん、よく思い出してください、きっと手がかりになるはずです!」

ガヴリール「あ!思い出した、確か......」

ヴィネット『ねえ、ガヴってさ、私のことどう思ってる......?』

ガヴリール『なにそれ、どうって......友達とか?』

ガヴリール「そのあとやけに神妙な顔で“友達...かぁ”って呟いてたんだ。その時はよく意味がわからなくて特に気にしなかったんだけど......ってラフィエルちゃんと聞いてる?」

ラフィエル「あー、ガヴちゃん、私この事件の真相がわかっちゃったかもしれません」



続きを読む