にこ「透明な、にっこにっこにー♪」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/07/01(土) 18:06:45.07 ID:VVZ74XVb.net

――音ノ木坂学院、生徒会室

絵里「今日はいい風が吹いてるわね......ほら、見て。木漏れ日が綺麗で......」

にこ「なによ、髪なんかかきあげちゃって。かっこつけのつもり?」

希「えりちがそう言うと、なんか映画のワンシーンみたいやね。さすがは才色兼備の生徒会長様......」

絵里「も、もう! 茶化さないでよ! ......ねぇ、ちょっと昔のことを思い出さない? 三人で広場の木の下で、お弁当を食べた時」

希「あ~......そういえばそんなこともあったなぁ。普段は教室で食べたり別々で食べたりなのに、にこっちが突然『親睦を深めるために食事会よ!』とか言い始めて......」

にこ「ふふん、我ながらあの時は冴えていたわね。お互いがお互いを知って更なる友情を深め......! どう?! 今思えばあの頃からにこのカリスマ性は素晴らしいものが......ほら、もっと崇めなさい」

希「......」

絵里「......」

にこ「って、なんで黙るのよ! 私が痛い子みたいじゃない?!」

絵里「......ねえ、久しぶりにゲームセンターでも行かない?」

にこ「うわ、完全スルー......さすがに傷つくわね。ゲーセンねぇ、私は構わないけど。希はどうなのかしら」

希「ええよ。それにしてもえりちがゲームセンターなんて珍しいね。......他に何か意図があるみたいやん?」

絵里「......ふふ、希は何でもお見通しね。長い間一緒にいると、言わなくても伝わっちゃうのかしら......面倒ね」クスッ

続きを読む