渋谷凛「二人だけの舞踏会」

1: ◆Ceuv.hziBQ 2017/06/19(月) 01:07:04.00 ID:gyZLNYL10

アイドルマスターシンデレラガールズ 渋谷凛のSSです

アイドルそれぞれに担当Pがいます





2: ◆Ceuv.hziBQ 2017/06/19(月) 01:08:03.50 ID:gyZLNYL10


凛「......ふぅ」



深呼吸を一度。

目を開けると見えるのは地方都市の夜景。

都会のギラギラした景色とは違い、小さな小さな宝石箱の中のような綺麗な明かり。

私は一人、それをバルコニーから眺める。


凛「......こんな素敵な場所があるなんて」


今日は事務所主催の記念パーティーがあり、私達アイドルを始め社員全員がこの会場に来ていた。

設立何周年だとか......忘れたけど。

......パーティーはもう中盤過ぎ。大人たちはだいぶ出来上がってるみたい。

普段接する機会の無い社員さん達との会話に疲れた私は、ここで一息ついていた。


凛「......そろそろ、戻ろうかな」

奈緒「おーい、凛」


凛「奈緒。......奈緒も休憩?」

奈緒「んー、まぁそんなところ。プロデューサーさんに連れまわされて大変だったよ」

凛「相変わらず仲良しだね」

奈緒「......仲良いかぁ? あたしは馬鹿にされてる気しかしないけど」

凛「嘘言っちゃって。いつも楽しそうにしてるのに」

奈緒「......う......ま、まぁプロデューサーさんと一緒にいるのは......嫌いじゃないし。......むしろ良い、かも」


そう言った奈緒の頬はみるみる赤くなっていった。

奈緒はすぐに顔に出ちゃうんだから。
続きを読む