【モバマス】モバP「第3回プロデューサーラジオ」

1: ◆A7D/93o1wY 2017/06/18(日) 21:20:24.39 ID:F6V12vRa0


モバP「あの...前回のあれは...、なんといいますか...。」

???「...。」ジー

モバP「悪気があった...わけじゃないんです...。」

???「...。」ジー

モバP「その...魔が差したというか...。い、色気!そう!

あなたの色気にやられてしまったんです!」

???「...」プイッ

モバP「あ、な、なぁ、仁奈の方からもなんか言ってやってくれ!」

仁奈「Pはロ○コンさんでいやがりますか?」


モバP「に、仁奈ちゃん!?」



前回:


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



スポンサーリンク




2: ◆A7D/93o1wY 2017/06/18(日) 21:23:48.19 ID:F6V12vRa0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


モバP「リスナーの皆さん、おはようございます。プロデューサーによるラジオ略して『Pラジ』のお時間です。

パーソナリティのモバPです。

前回のコーナーですが、やはりアイドル達も聞いていたらしく、フレデリカからは毎日『ラビュー。』なんて言われ、

みくからは白い目で見られ、あいさんからは『いつになったら私を男らしさで惚れさせてくれるんだい?』とからかわれる始末。

留美さん、美優さんには土下座する勢いで謝りました。...だってエーミール君並みに冷めた目で見てくるんですもん。

さて、本日はなんと二人もアシスタントに来てくださいました!この方たちです!」

仁奈「おはよーごぜーます!アシスタントの市原仁奈でごぜーます!」

美優「リスナーの皆さん。おはようございます。同じく、アシスタントの三船美優です。」


仁奈「今日はモバPのお手伝いをきちんとできるように頑張るぞー!おー!!」

美優「お、おー...!」

モバ「」ゲザァ

仁奈「あれ?モバP、どうしてまたうずくまっていやがるんですか?やっぱりおなかが痛ぇですか?」

美優「あ、あのプロデューサーさん。この前のことはもういいですから...!」

モバP「いえ、番組のためとはいえ、私欲をさらけ出して美優さんを国語の教師にした挙句、

昼ドラにいそうなどと失礼極まりない発言したことをここで改めて深くお詫び申し上げます。」

仁奈「昼ドラはしつれーでいやがりますか?」

モバP「あ、いや、昼ドラの印象が悪いわけではないんだ。

ただ、美優さんの印象が悪くなってしまうようなことを言っちゃったから...。」

仁奈「悪口ですか。それはよくねーでごぜーます。きちんと謝りやがれです。」

美優「に、仁奈ちゃんまで...。あの、本当に気にしてませんから。よく言われたりもするので...。『重そうな女』って...。」

モバP「そんなことない!そんなことないですよ!!」ガバッ

美優「きゃっ」

モバP「儚そうな表情も!子供たちを見守る聖母のような表情も!恥ずかしがる表情も!

少女のようにはしゃぐ表情も!そのすべてが美優さんの魅力なのです!

もし、その魅力がいまだ周知されていないのでしたら、

不肖モバP、一生を掛けてあなたをプロデュースいたしましょう!!」

美優「えぇと、あの、その...よろしくお願いします?」

仁奈「おぉ、これはプロポーズでいやがりますね!ひゅーひゅー!」

モバP「えっ、そんなつもりは!」


ブッブー


モバP「え?『いい加減始めろ』?あ、失礼しました。この番組は346プロダクションの提供でお送りいたします。」

仁奈「...掛け声はねーのですか?」

モバP「え?」

美優「確かにほかの番組とかでは始まったときに掛け声がありますね。」

仁奈「掛け声がねーと締まらねーでごぜーます。」

モバP「そっか...、じゃあ、えーと、締まっていくぞぉー!」

仁奈「おぉー!!」

美優「お、おー?...それも何か違う気が。」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


続きを読む