本田未央「Re:サンセットノスタルジー」

1: ◆saguDXyqCw:2017/06/18(日) 19:44:48.27 :5UUNa7QZ0

つないだ両手は、汗でしっとりと湿っていた。

イベントの舞台袖。眩いスポットに上がる直前。

登場のBGMが、かかり出していた。

何度経験しても、この瞬間は緊張する。胸の高鳴りが体を伝って直接鼓膜を揺らす。誰にも気付かれないようにゆっくり唾を飲む。

客席からの熱気。お客さんたちが待ち望んでいるのを感じる。

その期待に応えられるだろうか。本当に、少しだけその不安がよぎる。

だけどそれは表には出さない。

変わりに、両手を強く握り返した。


「二人とも」


声をかけると、両側から私の顔を覗いてきた。

ぱっちりと開いた大きな瞳と、強い意志を感じさせる釣り目がちな瞳。

私は二人に頷いた。


「さあ、行くよ」


二人がそれぞれに返事を返してきた。とっても力強く、心強く。

高いヒールの靴で一歩前に踏み出し、私たちはお客さんの前に飛び出した。

お客さんの歓声が上がる。

精いっぱいの笑みを浮かべ、両手を高く振りながら私は言った。






「みなさーん。私達、ニュージェネレーションでーす!!!」


2: ◆saguDXyqCw:2017/06/18(日) 19:47:48.07 :5UUNa7QZ0

心地よい汗は拭うのすら恋しかったけど、乙女がいつまでも汗だくなのはよろしくない。

スタッフさんから受け取ったタオルで、額をつたっていた汗をふきとった。

お礼を言って、タオルをスタッフさんに返す。


「お疲れ様。よかったですよ」


女性スタッフさんの言葉に、私は自然と笑みが零れた。


「えへへ、ありがとうございます」


気分はすっきり。頬にはまだ熱気が残っていた。

甘い熱気だ。アイドルにならなければ、きっと一生感じられなかった心に染みる喜び。

顔を上に向け、私は目をつぶってその余韻に浸る。頬が緩んでしまう。

透き通るようなエメラルド色の海に浮かんで、まばゆい太陽を全身に浴びたって、きっとこの気持ち良さには敵わない。


「みーおーちゃん」


耳をくすぐった声に、私は目を開けた。

島村卯月。しまむーだ。彼女にしか咲かせられない満開の笑顔が私の顔を覗き込んでいた。

私と一緒に舞台に立っていたから、顔には火照りと疲労があったけど、しまむーの輝きは色あせるどころか、何倍にも輝いていた。


「お疲れ様です。今日もとっても良かったですよ」

「いやいや、しまむーだって。流石ですなー、登場直後のドジっ子アピールで、お客さんの心をがっつり掴むとは


桃色だったしまむーの頬が、真っ赤なリンゴ色に染まり変わった。

名乗り出た直後、しまむーは舞台上で盛大につまずいたのだ。今のように顔を赤くしたしまむーにお客さんは大受けだった。


「先に言って欲しかったなー。そしたら、私も一緒に可愛くこけられたのにー」

「あれはワザとじゃなくてですね。その、えっと......」

「未央。卯月を困らせないで」


わたわたするしまむーの後ろから、黒いストレートの長髪の少女が言った。

汗を拭きながら飲み物を飲んでいるだけなのに。こう、凄く様になっている。

渋谷凛こと、しぶりんだ。


続きを読む