周子「Pさんと二人で」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 04:04:38.36 ID:xfzrFIt50

ピンポーン

P(......ん?誰だこんな朝早くから...となりと間違ってるのかな)

ピンポーン

P(......うぅ、休みの日ぐらいゆっくり寝かせてくれ...私は配達頼んでいませんよ...)

ガチャガチャ

P(おいおい...壊してでも入ってくる気か)

周子「ありゃ、開かないなあ」


P(......周子?)


周子「おーいPさん、起きてるー?」

スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 04:07:21.28 ID:xfzrFIt50

ガチャ

P「...おはよう」

周子「おはよ~♪いや~ごめんね?こんな時間におしかけちゃって」

P「...まあ今は置いておいて...とりあえず中入れ、見られたらまずい」

周子「それもそうだね、お邪魔しまーす♪」


P「んでなんだ?こんな朝早くから...まだ着替えてすらないのに」

周子「いや~Pさんに会いたくなっちゃって~♪」

P「おーおー嬉しくない」

周子「これでも年頃の女の子なんですけどー!ピチピチの人気アイドルなんですけどー!」

P「自分でピチピチとか言わないの、菜々さんか」

周子「まだお酒は飲めないですー」

P「まだ飲まなくていいよ、俺も飲めないし」

周子「Pさんと二人でオシャレなバーとかいって飲んでみたいんやけどね~」

P「その時は相手してやるよ、コーラでよければ」

周子「えーそこはお酒やない?」

P「誰が送ってくんだ」

周子「そこはー...ほら、タクシーとかで♪」

P「高いし信用ならん」

周子「それって心配してくれてるん?」

P「うっせうっせ、んでなんだよ今日は」

周子「もー誤魔化しちゃって~♪」

P「もう知らねえ」

周子「いやごめんごめん、んーとね?別にほんとに理由はないんよ」

P「マジか」

周子「マジよ、ただ寮にいるのもなーって思ってさ」

P「寮のみんなは...仕事か」

周子「そ、いや~寮暮しじゃない子とかは休みなんやけどね~」

P「そっちとは遊ばないのか?」

周子「んーそれも考えたんだけど~」

P「考えたけど?」


周子「今お金あんま使いたくないんよね~」

P「...だから奢れと?」

周子「えっおごってくれんのやっさしー」

P「この狐娘が」

周子「こーん♪」


続きを読む