【モバマス】橘ありす「プロデューサーさんがちくびからパスタを!?」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 01:02:40.69 ID:v88kCrGk0


普段和やかな空気に満ちている事務所は異様な雰囲気に包まれていた。

泣き叫ぶ子供たち。その場でおろおろしている年長者たち。

そして。

半裸で自らの乳首を執拗にひねり、つまみ、大声で叫んでいる、彼女たちのプロデューサー。

遅れて事務所にやってきた橘ありすは、そのあまりに凄惨な光景をただ呆然と眺めるしかなかった。


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 01:04:21.72 ID:v88kCrGk0


「ありすちゃーーん」

ありすの体に飛びついてきた小さな人影が一つ。彼女の同僚である市原仁奈の顔は涙でべとべとになっていた。

「プ、プロデューサーがおかしくなってしまったでごぜーますよ! うわああああああん」

泣き続ける仁奈の頭を優しく撫でながら件のプロデューサーを見る。昨日まで頼もしくありすたちを支えて続けてくれた頼もしい存在。そんな彼が今、乳首をつまみ雄たけびをあげるだけの生き物になり果ててしまっている。

「これはいったい......」

「さっきからずっとあの調子なのよ」

ありすの掠れ声に応えた速水奏はクイッとプロデューサーへ顎をしゃくる

「ありすちゃん。あれをよーくご覧なさい」

「?」

奏の指示に従い、じぃ~とプロデューサーを観察することに努めたありすは、

「あ、あれは!!」

彼女が言わんとするものを把握し、声を上げた。


続きを読む