モバP「志希にゃん印の陰毛しらす丼」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/06/17(土) 06:33:34.86 :ND0MDh2u0

ガレージがある。

車があるわけではない。

そこにミニバンでも停めてあれば、俺は幾分か、気が休まるのかもしれない。

そのガレージにあるものといえば、よく分からん薬品の壜、無水エタノールの缶、その空き缶に詰められたレモンの種、よく分からん木、飲みさしのコカコーラ、ピザの空き箱、タバスコソースの空き壜、ミルク石鹸、ベット・ミドラーのアルバム......。

ゴミなのかどうか、判断の覚束ないものばかりだ。

それは、それらの所有者である一ノ瀬志希本人ですら判断できない。

彼女の対象への興味は、まるでザッピングをするかのように転々とし、放浪、漂流、しばしば行方知れずとなるのが常である。

そんなもんだから、彼女の所有物のいる、いらないの区別は、俺の担当業務となっている。

お片付け担当。なんと小学校のクラス当番然とした肩書き。

しかしながら、その業務は小学校のそれとはワケが違う。

初めのころは、必要なさそうなものを適当に選んで捨てていた。

後日、メモ用紙に書いた捨てたもののリストを志希に渡したところ、大層しょげた顔をしながら、



「そっか......あれ、捨てちゃったのか......」



などと口漏らし、



「海を見てくる」



と言ったきり、二日も帰ってこなかった。

今でも覚えている。及川牧場から持ってきた牛の糞。あれを捨てたのがまずかったらしい。

牛の糞からバニリンとかいう香料が抽出でき、及川牧場のソレは他のアレとは段違いの香りらしい。

分かるか、そんなもん。


続きを読む