ガヴリール「耳かき買ってみたんだよ」ヴィーネ「ふーん」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 04:14:24.821 ID:Cqtxh9Q00.net

ヴィーネ「......で? 自分で耳掃除するの面倒だから私にやれって?」

ガヴリール「うっわ、被害妄想激しいなお前」

ヴィーネ「違うわよ。これまでのことを振り返ってみただけ」

ガヴリール「今回は違うから」

ヴィーネ「違うって何が」

ガヴリール「ん」ポンポン

ヴィーネ「......えーと」

ガヴリール「膝枕。足痺れるから早くしてよ」

ヴィーネ「だ、大丈夫? 私の鼓膜突き破ったりしない?」

ガヴリール「安心しろよ。鼓膜って再生するんだ」

ヴィーネ「あー......うん、それは一安心ねー......」ゴロン

ガヴリール「じゃあ左からやっていくから」

ヴィーネ「うん」



2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/17(土) 04:14:38.952 ID:Cqtxh9Q00.net

ガヴリール「......ふむふむ。お客さん、だいぶ凝ってますね」

ヴィーネ「言い方おかしい。
うーん、でも結構さぼっちゃってた気がするわね」

ガヴリール「これは腕がなるな。天真流耳かき術をご覧入れよう」

ヴィーネ「嬉しい申し出だけど物理的に見れないわよ」

ガヴリール「そこをなんとか」

ヴィーネ「残念。悪魔も千里眼使えたらよかったんだけどねー」

ガヴリール「覚えようと思えばいけるらしいよ。今度ラフィ辺りに聞いてみれば?」

ヴィーネ「耳かきしてる所見るために天使の術を教えてくださいって?
それはラフィも困り顔......ひぁっ!」ビグッ

ガヴリール「不意打ちを許すとはまだまだだな。ソウルシリーズだったら死んでるぞ」カリカリ

ヴィーネ「ソウルシリーズってなによ......ん、ふ」



続きを読む