穂乃果「雨の日のお楽しみ」

2: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 21:47:48.06 ID:fkgsnyJr.net

穂乃果「あれ、雨が降ってる...」


これはまだ、穂乃果達が1年生の時のお話です。


穂乃果「海未ちゃん見て!雨が降ってるよ...」


今日最後の授業が終わって、ふと窓の外を眺めたらしとしと雨が降っていた。
朝はあんなに晴れていたのに...
天気予報を見ていない穂乃果はついつい、近くの席の海未ちゃんに話しかけます。



3: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 21:49:26.74 ID:fkgsnyJr.net

海未「今日は午後から雨の予報でしたからね。......その様子だと傘、持ってきていないのですか?」


海未ちゃんの言う通り。
穂乃果は今日、傘を持ってきていません。


穂乃果「えへへ...持ってきてないよ...どうしよう」

海未「仕方ないですね...。今日の部活はミーティングのみなので少し待っていて貰えますか?」

穂乃果「傘、入れてくれるの?!やったー!」

海未「ただ、大きな傘ではないので多少濡れてしまうかもですが...」

穂乃果「そんなの全然いいよ!ありがとう海未ちゃん」


4: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 21:50:07.65 ID:fkgsnyJr.net

そんなこんなでわいわいしていると、廊下にことりちゃんの姿を見つけました。
ちなみにことりちゃんとはクラスが違います。
2年生では同じクラスになれたらいいな。
ことりちゃんはうちのクラスを覗いて誰かを探しているみたい。
あ、目が合った。
ことりちゃんが手招きをします。
探していたのは穂乃果だったみたいです。


穂乃果「ことりちゃん、どうしたの?」

ことり「あのね、今日保健委員会があるみたいで...一緒に帰れないから、先に帰ってて貰えるかな?」


ごめんね、と続けたことりちゃんに穂乃果は分かった!と返しました。
そう言えばうちのクラスの保健委員の子も委員会があるって言ってたな。
ちょっぴり忙しそうなことりちゃんとお別れして、海未ちゃんの元へ戻ります。


続きを読む