肇「私に何か言うことはありませんか?」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 02:44:03.70 ID:2aP+P5q70

6/14 23:30

カタカタカタカタ......
ッタ-ン!

モバP(以下P表記)「ふぅ。もう一息か」

P「うわ、こんな時間か。日付変わるまでには終わらせたいなぁ......」

肇「お疲れ様です、Pさん」


P「あれ、肇か?まだ残ってたのか」

肇「はい。Pさんに少し、お話があったので」

P「なにもこんなに遅くまで待たなくても......明日じゃダメだったのか?」

肇「ダメというわけではなかったんですが......」

P「まぁいい。もうこんな時間だし、寮まで送るから、もう少し待っててくれ」

肇「すみません」

P「気にするな」

スポンサーリンク


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 02:45:28.98 ID:2aP+P5q70

23:46

カタカタカタカタ......

肇「......いつもこんな遅くまで、お仕事してるんですか?」

P「いや、たまたまだよ。今日中に片付けたくてな」

肇「あまり、無理はしないでくださいね?」

P「やりたくてやってるからな、大丈夫だよ」

肇「......お仕事だから、こんなに頑張るんですか?」

P「大事な担当アイドルのためだから、頑張れるんだよ」

肇「大事な、ですか」

P「大事な、だ」

肇「......そうですか♪」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 02:48:25.50 ID:2aP+P5q70

6/15 0:02

カタカタカタカタ......
ッタ-ン!

P「よし!終わったぞー!」

肇「お疲れさまでした」

P「おー、待たせて悪かったなー」ナデナデ

肇「いえ、待つのは嫌いじゃありませんから」テレテレ

P(犬みたい)

肇「あ、お茶、淹れてきたんです」

P「お、さんきゅな。肇は気が利くなぁ」ナデナデ

肇「いえ、そんな......」テレテレ

P(かわいい)


続きを読む