千鶴子「仁美さんを休日デートにお誘いしますわ」


1: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/06/13(火) 20:12:15.56 ID:4eA2b6UZ.net

千鶴子「酷いですわ~!」タッタッタッ

命「......?」

~~~

命「あの...今、千鶴子さんが泣いて走っていきましたけど」

仁美「知ってる」

命「いつも有り余る愛をスルーされつ続けても平気な千鶴子さんが泣くなんてよっぽどだと思うんですが」

仁美「いや、俺にも何が気に入らなかったのかサッパリわからない」

命「とりあえず話してみてくださいよ。何かわかるかもしれません」



4: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/06/13(火) 20:14:54.08 ID:4eA2b6UZ.net

坂巻千鶴子


5: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/06/13(火) 20:16:01.72 ID:4eA2b6UZ.net

志賀仁美


6: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/06/13(火) 20:18:02.88 ID:4eA2b6UZ.net

福原命


7: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/06/13(火) 20:20:50.72 ID:4eA2b6UZ.net

命「なるほど。つまり、まとめると千鶴子さんが休日デートに誘ってきたので『構わないぞ。制服でいいか?』と言ったら泣かれた...と」

仁美「ああ」

命「そりゃ泣きますよ」

仁美「なんだ。お前までアイツの肩を持つのか」

命「いいですか?デートだけなら普段の放課後でも出来るじゃないですか。それなのにわざわざ休日デートと指定した意味を考えてみてください」

仁美「???」


8: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/06/13(火) 20:24:30.83 ID:4eA2b6UZ.net

命「私服!あと、朝から夜まで一緒!そういうことです!」

仁美「夜まで...って、まさか!?」

命「そこに食いつかないでください!まあ、愛が云々の千鶴子さんのことなのでそこも重要かもしれませんが」

命「要するに千鶴子さんは休日デートにすることで仁美さんが自然な流れで私服を着てくれることを期待したんですよ。それを貴女はまったく...」

仁美「なんだそりゃ。はぁ...女心ってのはやっぱりわからん」

命「貴女も女でしょう」

命(一応)


9: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/06/13(火) 20:30:22.16 ID:4eA2b6UZ.net

仁美「まー、わかったわかった。要は私服で行ってやればいいんだな?」

命「どうでしょうね...千鶴子さん結構ショックだったみたいですし、それで機嫌を直してくれるかどうか」

仁美「なら、どうしろっていうんだ」

命「...よし!私に任せてください」

命「私がデートプランのサポートをします」

仁美「お前がぁ?彼女居たこともないんじゃないのか」

命「ぐぬぬ...それでも!仁美さんよりは乙女心のなんたるかを理解しているつもりですから!」

仁美「ん、それはそうかもな」

命「さあ、そうと決まればそんなところに座っていないでこっちに来てください。当日の計画を立てますよ」

仁美「なんかちょっと楽しそうだなお前」

命「気のせいです」


続きを読む