タプリス「あのたこ焼き食べたんですか!?」 サターニャ「なかなか美味だったわよ。褒めてつかわすわ!」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/05/02(火) 19:38:58.103 :11q7PcLf0.net

ガヴリール「えっ」

ヴィーネ「えっ」

ラフィエル「えっ」

タプリス(あんな物食べて美味しいって言ってくれるなんて胡桃沢先輩って実は......ってそんなはずないです!)

タプリス「騙されませんよ!/////」

サターニャ「何が!?」

タプリス「......今度お弁当作ってきてもいいですか......?」

サターニャ「何?遂に私の偉大さに気づいたのかしら?いいでしょう、特別に許可してあげるわ!」

タプリス「本当ですか!?......じゃなかった、首を洗って待ってるといいです!」


2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/05/02(火) 19:40:18.839 :11q7PcLf0.net

タプリス「胡桃沢先輩!お弁当持ってきてきました!」

サターニャ「来たわね」

タプリス「どうぞ!」

サターニャ「いただきます」パクパク

────

サターニャ「うーん!美味しい!やっぱりあんたの料理好きだわ!」

タプリス「すっ......好き!?わわ、私はそんなつもりで作ったんじゃ......でもありがとうございます!」

サターニャ「また今度作ってきなさいよ」

タプリス「も、もちろんです!必ず必ず作ります!」

サターニャ「ホント!?楽しみにしてるわ!」


3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/05/02(火) 19:42:52.849 :11q7PcLf0.net

数週間後

タプリス「胡桃沢せんぱー......」

────
ガヴリール「今日は弁当じゃないんだな」

サターニャ「ええ、朝タプリスにメールしたんだけど全然メール帰ってこなくて......風邪でもひいたのかしら?帰りにお見舞いに行ってあげないと」

ガヴリール「そうなんだ。なら私も行くかな」

ヴィーネ「ガヴ!今日はデートって言ってたでしょ!それに大人数で行っても迷惑だろうし!」


続きを読む