ことり「雨とおパンツ」


3: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2017/06/11(日) 22:23:51.89 ID:ndgQHW7e.net

ことり「ひじって、触ると気持ちいいよね」

ことり「たぷたぷした皮をつまんでもいいし、くにくに引っ張ってもいい感じだよね」

真姫「......そうね」

ことり「何よりもひんやりしてるところがたまらないね。ことり、癖で自分のひじよく触っちゃうもん」

ことり「ひんやりといえば、二の腕もひんやりだよね」

ことり「少しだけ、すこーしだけ、ぷにぷにしてるんだけど、ぷにぷにひんやりでずーっと触ってたくなるよねぇ」

真姫「......そう、ね......ぐすっ......」



4: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2017/06/11(日) 22:28:42.27 ID:ndgQHW7e.net

ことり「でもね、一番触ってて気持ちいいのは......お尻だと思うの」

ことり「ぷにぷにしててとっても柔らかいし、触れる面積が広いから手のひらいっぱいがぷにぷにだし、なによりとってもひんやりしてるでしょ?」

ことり「ことりね、寝るときはいつも両手で自分のお尻をぷにるのがマイポジションなの」

ことり「おパンツの柔らかさとお尻のぷにぷにに抗える人っていないんじゃないかなぁ」

真姫「......ひっく......」

ことり「おパンツが雨で濡れても、もっとひんやりするからもっと気持ちよくなるんだよ?」

ことり「雨の日に間違ってベンチに座っちゃっておパンツびしょびしょになったときも、触るとすごくひんやりー、だよ?」

ことり「だから、真姫ちゃん......転んで水たまりにお尻からダイブしたからって、泣いちゃだめ」


続きを読む