安部菜々「ナナの名は」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/05/18(木) 01:14:24.10 :MqNS8RCY0

「ナナちゃん、お誕生日おめでとう!」

「............ありがとうございますみくちゃん」

「ど、どうしたにゃ。なんか元気ないけど」

うぐっ。今日はお祝いの言葉を言われるたびに、みんなから怪訝な顔をされてしまう。

「いえ、この年になると誕生日が来るたびにどうも胃が痛くなって......」

「菜々ちゃん、みくと 2 歳くらいしか変わらないのにおばちゃんみたいなこといってるにゃ」

ズキン。

「と、とにかくありがとうございます、みくちゃん。ナナはこれからも永遠の 17 歳として がんばりますよっ!」

「さすがナナちゃん! みくも負けてられないにゃ」

みくちゃんの無邪気な笑顔を見ていると、ちくちくと心が痛む。

「ナナは電車で帰るのでここでお別れですね。今日もレッスンお疲れさまでした!」

「お疲れ様! また明日もよろしくにゃ!」

あれだけ激しいレッスンをした後にも関わらず元気に去っていく若々しい後ろ姿と、疲れ 切った自分を比べてしまい、

「......ハァァ」

肩に掛けていた荷物がずり落ちた。


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/05/18(木) 01:17:43.71 :MqNS8RCY0

5月15日。

私、安部菜々の誕生日。

アイドルとして346プロにスカウトされてから 1 年。
みくちゃんのような同僚のアイドルや応援してくれているファンの中には、ナナのことを本当に17歳の高校生だと信じている人もいる。

だけど。

今朝、お母さんから来ていたメールを見る。

ナナはピッチピチのJK、などではなく。

『菜々 28歳の誕生日おめでとう!』

今日で28歳。もう三十路に近い年をした大人なのだ。


続きを読む