花咲か紳士

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/05/19(金) 23:10:43.43 :NqxSfLu20

紳士「私は紳士。百合が大好きな紳士だ」

紳士「私は指パッチンを鳴らすことで、2人の人間を恋に落とす事が出来る」

紳士「どれ、今日はこのコーヒー喫茶で、美しい百合の花を咲かせてみせようじゃないか」



カランコロン...



マスター「いらっしゃいませ」

紳士「ブレンドコーヒーを1つ」

マスター「かしこまりました」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/05/19(金) 23:11:51.00 :NqxSfLu20

紳士「ふむ......」


紳士(落ち着いた色合いの店内に、小洒落たテーブルと椅子が並んでいる。なるほど、いかにもコーヒー喫茶らしいな)

紳士(そして、その雰囲気をぶち壊すように大音量のダブステップが流れている)

紳士(......うるさい。何だこれは。この店の選曲センスは一体どうなっているんだ)


マスター「お待たせしました」

紳士「ああ、ありがとう」ズズッ


紳士(まあいい。今日のお目当ては窓際に座っているあの2人だ)



女子A「ね、ここのコーヒー美味しいでしょ? 私の最近のお気に入りなんだ」

女子B「う、うん。 ......ちょっとうるさいけどね」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/05/19(金) 23:12:26.12 :NqxSfLu20


紳士(明るい笑顔のポニーテールの女の子と、アホ毛が特徴的なメガネの女の子。見たところ、高校の同級生と言った所だろうか)

紳士(コーヒーを飲みながらお喋りする様子は何とも微笑ましいが、2人の百合の花はまだつぼみレベル)

紳士(よし、ここは私の指パッチンの力で、それを満開にしてあげよう)



パチンッ



女子A「それでさー......あれ?」

女子B「どうしたの?」



女子A「いや、何て言うか......カナって前からそんなに可愛かったっけ?」

女子B「ふぇ!?」


続きを読む