【ガルパン】×【古畑任三郎】 二重包囲


1: ◆jiNYtuUbgE 2017/05/07(日) 16:43:36.11 ID:EsVfQonZ0

第1話

第2話

第3話

第4話

第5話

第6話

第7話


※今回はVSバミューダ三人衆です。

※デッドプールのように殺され続ける役人の活躍にご期待ください。


2: ◆jiNYtuUbgE 2017/05/07(日) 17:10:45.13 ID:EsVfQonZ0

古畑『私は今までに数々の事件を手掛けてきました。そして、そこでは様々な凶器が使われてきました。
銃、刃物、鈍器、毒物...、中には爆発物が使われたこともありました。ですが、今回の事件では最も恐ろしく、
最も奇妙な凶器が使われたのです。最も恐ろしい凶器、それは...』


八王子市郊外・大学選抜チーム演習場近くのカラオケボックス...

メグミ「ついに決行ね」

ルミ「これ以上ほっとけないわ、これもみんな隊長のためよ」

アズミ「あんなに弱ってる島田師範見たことないわ、隊長が高校に行くってのも文科省から責任を取らされて
大学にいられなくされそうだからって話だし」

メグミ「私たち3人ならきっと上手くやれるわ」

ルミ「そうね、隊長や師範を助けられるのは私たちだけよ」

アズミ「いつも通りのバミューダアタックね」

メグミ「じゃあ行ってくるわ、フォローよろしくね」

ルミ「まかしといて、そっちこそ気をつけてね」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


大学選抜チーム合宿所の敷地...


辻「こんなところに呼びつけてどういうつもりかね。島田流の今後については君たち学生が口出しすることではない」

メグミ「口出しするつもりはありません、手は出しますけど」

メグミ、辻をバットで一撃。

メグミ「はぁ...はぁ...」

メグミ(これで後はあの2人の所に戻れば...)


「誰?そこで何をしてるの?」

メグミ「!」


続きを読む