ガヴリール「生まれてきてよかった」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/20(木) 23:17:37.96 ID:5HUrQwoK0

学校
―――――

ガヴリール(やっと放課後か)ンー

ガヴリール「今日も疲れたなあ」

サターニャ「ガヴリール!決闘よ!あんたの誕生日が今日をもって命日nモゴッ...」

ヴィーネ「サターニャちょっと黙ってて」ボソボソ

サターニャ「・・・」コクコク

ヴィーネ(よし)


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/20(木) 23:22:01.07 ID:5HUrQwoK0

ヴィーネ「あんた授業中ほとんど寝てたでしょ。どう疲れるのよ」

ガヴリール「あ、ヴィーネ。いやー、昨日徹夜でネトゲしてて...」

ヴィーネ「またネトゲなの?もう...」

ガヴリール「ネトゲは仕事だからね」

ヴィーネ「あんたの仕事は学業でしょうが!」

ガヴリール「そうとも言うな」

ヴィーネ「そうとしか言わないわよ...まったく」

ヴィーネ「道中で居眠りしないように気を付けて帰りなさいよ」

ガヴリール「ん...あれ、ヴィーネは一緒に帰らないの?」

ヴィーネ「えーっと、私はちょっとサターニャと話があるから...」チラッ



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/20(木) 23:32:34.89 ID:5HUrQwoK0

サターニャ「へ?私?」

ガヴリール「うぉっ、いたのかサターニャ」

サターニャ「ずっといたわよ!逆になんで気付かないのよ!?」

ガヴリール「ごめん、なんかサターニャの声を聞き流すスキルが発動してた」

サターニャ「なによそのスキル!?ろくなスキルじゃないわね! ...それで話って?」

ヴィーネ「あー。ここじゃなんだから、場所を移しましょ」チラッ

ガヴリール(...こっちを見た?私に聞かれたくない話なのか)

ヴィーネ「そういうわけだから、ごめんねガヴ」

ガヴリール「あ、うん。気にしなくていいぞ...じゃ、先帰る」ガラッ

――――

ガヴリール(二人っきりで...私に、聞かれたくない話?)スタスタ

ガヴリール(......っ)

ガヴリール「...ラフィでも誘うか」



続きを読む