【ガヴドロ】ラフィエル「サターニャさんサターニャさん」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/20(木) 23:43:26.88 ID:K5kUAfsx0

ラフィエル「サターニャさんサターニャさん」

サターニャ「ラフィエルじゃない、何か用?」

ラフィエル「一緒に帰りませんか?」

サターニャ「はあ?一緒に?また何か企んでるんでしょ」

ラフィエル「そんな、企んでるなんて......私なりにサターニャさんが悪魔的な行いを出来るように考えた結果なのに」

サターニャ「なにそれ?どういうこと?」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/20(木) 23:45:54.64 ID:K5kUAfsx0

ラフィエル「いいですかサターニャさん。私は天使ですよね?」

サターニャ「......まあ、一応そうだったわね」

ラフィエル「であれば当然、私は帰り道で善をなします。道に迷っている人がいれば案内し、お財布が落ちていれば交番に届ける......それこそ天使のあり方と言えるでしょう」

サターニャ「それがどうしたのよ」

ラフィエル「ですがサターニャさんと一緒に帰れば、大悪魔であるサターニャさんを警戒してそのようなことは出来ないかもしれません。天使が善をなすことを阻む......これこそ、サターニャさんにふさわしい悪魔的な行いと言えると思ったのですが、どうやら私の勘違いだったようですね。それではサターニャさん、また明日......」スタスタ

サターニャ「待ちなさいラフィエル」ガシッ



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/20(木) 23:46:24.32 ID:K5kUAfsx0

ラフィエル「はい?」

サターニャ「大悪魔として、あんたをむざむざと帰らせることはできないわ!このサタニキア様があんたを監視して、あんたの天使的な行いを食い止めてやるんだから!」

ラフィエル「わー、困りましたー」

サターニャ「後悔するなら今のうちよ!」

ラフィエル「怖いですー。私はなんということをしてしまったのでしょうー」

サターニャ「ほら、行くわよ!恐怖するがいいわ!」

ラフィエル「はーい」



続きを読む