高垣楓「私を貰ってください」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/19(水) 23:21:50.69 :2z46TJqTO

息が熱い。

今日の今ここへ至るまでに何杯か呑んでいたお酒のせい。そしてそれに別の理由、胸へ溢れる大好きな人への想いが抑えられず高まってしまっているのも併さって、吐いて漏らす息がとても熱い。

喉が焼けるよう。口の中が煮えるよう。唇が燃え上がるよう。

熱い。プロデューサーへの想いに濡れた息が、とっても。



「は、......あぁ......」



吐き出す。

熱い息を思いきり。ぜんぶぜんぶ絞り出すように大きく、深く、長く。

焼かれるのを感じながら、それ以上に焼こうと。煮えたぎるように燃え上がらせようと、そう思いの念を込めながら息を吐く。

目の前のそれ。近すぎて、押し付いているせいでもうすっかり見えないそれ。開いた口の端、上下の唇でその硬さや柔らかさだけを感じられるそれ。服越しの、プロデューサーへと向けて。

吐く。時々小さくあむあむ、と唇で甘噛むようにしながら。それに反応してぴくんぴくん、と震えるそれを感じながら吐きかける。

吐いて。私の吐息で焼いて、濡らして、震わせる。


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/19(水) 23:22:55.09 :2z46TJqTO

「......っん、す......うぅー......」



ぴくんぴくん。びくびく。どくん。

震えて揺れて昂って。そうしてプロデューサーが反応してくれるのをたっぷりと感じて......それから今度は吸う。

吐いて注げるぜんぶを尽くし終えて。もう贈れない本当の限界まで届け続けて。それから、今度は吸う。

プロデューサーと触れ合いながら。服に隔たれてはいるけれど、それでもたくさん......形も、熱も、震えも。そんなたくさんがちゃんとしっかり、隠されることなく伝わってくるようなこの近さで触れ合いながら。そうしながら吸う。空気を。プロデューサーのそこごと、吸い上げるようにして強く。



(あぁ......)



鼻では吸わずに口でだけ。......でも、それなのに感じられてしまう。熱く濡れた空気に乗ったそれ......吸わず、ただ漂ってくるのを感じているだけなのに、それでも噎せ返ってしまいそうになるような、濃い匂い。


続きを読む