コナン「なあ服部。妙だと思わねーか?」服部「ああ。あのオッサンのケツ……」


以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/04/16(日) 02:02:41.785 ID:TsMVbg2J0.net
服部「揉んでくれと言わんばかりのハリ......おまけになんや、あのタイトなパンツ。ありゃどう見ても誘っとる」

コナン「ケツだけじゃねえ。厚い胸板に逞しい肢体。力強く抱きしめてくれるだろうってことは容易に想像できる」

服部「なのになんで、あのオッサンは俺らの申し出を断ったんや?」


―――

コナン「ねえねえ、オジサン」

男「ん? なんだい、坊や」

コナン「ちょっとお願いがあるんだけど......」

服部「今から3人でホテル行って、休憩せえへんか? まあ部屋ん中でヤるんは運動会みたいなもんやけど」

コナン「ねえ、いいでしょ? ボク、3人でも受け入れてくれるホテル知ってるんだ」

男「い、いや......急いでいるんだ。他を当たってくれ」

―――


コナン「あの人、ひょっとして何かを隠してるのか......?」

服部「疚しいことでもない限り、3P誘われて断るはずないで」

コナン「尾けてみっか」

服部「やな」

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/04/16(日) 02:05:03.166 ID:TsMVbg2J0.net
~ラブホテル前~

服部「あのオッサン、ホテルに入っていきおった......! 俺らの誘いを断ったんは、先約がおったからか......!」

服部「クソッ、誰やねん! オッサン相手にセックスへ持ち込んだ幸せモンは......! 代わってほしいわ、ホンマに......」

コナン「本当にそうなのか......?」

服部「なんや工藤。気になることでもあるんか」

コナン「あの人、ひとりでラブホに入っていったけど、相手はどうしたんだ?」

服部「中で待っとるんやないか? オッサンがドアを開けたら、相手が裸でお出迎えや。その逆もありえるな」

コナン「いや、どっちにしろ無理だ。ラブホは大抵オートロックだからな」

服部「そうか......! 入室したら最後、精算機で会計を済ません限りドアは開かんっちゅーことは......!」

コナン「ああ。ふたり同時に入室することが前提のラブホで待ち合わせなんて、考えにくいだろ?」

服部「いや待て、待ち合わせ場所がフロントって可能性も――」

コナン「オメー、そんな人見たことあんのか?」

服部「......無いな。他人に会うのを極力避けんのが普通や......そないなとこで突っ立ってるなんて有り得ん」

コナン「だったら、なんであの人はひとりでラブホに......? 従業員なら裏口から入るはずだ」

服部「おひとり様だとしたら、わざわざラブホに入らんだろうしな。ますます怪しなってきたで、工藤」

コナン「ああ、行ってみよう」

続きを読む