最原「超高校級のラッキースケベ?」天海「2スレ目っす!」ダンガンロンパV3【第五章】


関連






425 : 塩 - 2017/03/19 23:00:19.64 7CCqEx5p0 754/1000

最原「ぼ、僕と天海くんと......もう一人だけ?そ、そんな......全員じゃないのか!?」

モノクマ「当然でしょ?なんでそこまでサービスしなきゃいけないのさ?」

最原「だ、だって!そんなんじゃ意味が無いじゃないか!皆でここから出るのが僕たちの......」

モノクマ「......じゃあ、このチャンスを捨てるの?確実に好きな女の子を助けられるんだよ?」

最原「!?」

モノクマ「皆を助けたいって言うその思いは立派だよ。でも、もしこのチャンスをふいにして、コロシアイが起きた時にさ......最原くんの好きな子が生き残るって言う確信はあるの?」

最原「そ、それは......」

モノクマ「まだ殺される側なら良いよね。でも、外に出たいがばっかりに誰かを殺したら?それがバレて、処刑されることになったら?......ここでその子を連れて逃げた方が良かったって、後悔しない?」

最原「.........」

モノクマ「想像してごらんよ。君が意地を張らずに一人だけ選んで外に脱出すれば、間違いなく一つの命は助かるんだよ?これがボクのできる最大限のお礼さ!」

最原「.........」

430 : 塩 - 2017/03/20 16:24:50.28 abEQwz/J0 755/1000

モノクマ「ま、悩むのも無理ないよね。だからそんな最原くんのためにこんなものを用意しました~!」つライト

最原「これは......?」

モノクマ「これは『正直ライト』さ!これの光を浴びた人は君の質問に正直に答える様になるんだよ!もちろんその間の記憶はありません!」

最原「これを使ってどうしろと?」

モノクマ「そんなもん決まってるじゃん!女の子たちに質問してくればいいんだよ。自分のことをどう思ってるとか、外に出たいかとかさ......」

最原「.........」

モノクマ「とは言っても実は問題があってね。そのライト、全員に使えないかもしれないんだよ」

最原「えっ!?」

モノクマ「この前野暮用で使っちゃってさ......電池が足りてるかわからないんだよね!」

最原「え、ええっ!?」

モノクマ「なんかい使えるか調べてみるよ、ちょっと待っててね......」

下のレスの一番下のコンマが使える回数 0~9まで

続きを読む