ラフィエル「ナイスマクドウェル!」サターニャ「サンキューエインズワース!」


1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/21(火) 01:26:55.232 ID:r5f/ge8ud.net

マクドウェル世界大会ーー決勝

控え室

サターニャ「この戦いが終われば、私が世界一のマクドウェル使い......!」

少女は十字架をモチーフとした髪飾りを握りしめるーー今は亡き戦友(とも)の遺品であった。

サターニャ「さ、決めてくるわ!」

事の始まりは、ほんの些細な出来事ーー。

300年前 学校

サターニャ「レッツマクドウェル!」

ラフィエル「カモンエインズワース!」

それは子供のごっこ遊びのようでーー。



2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/21(火) 01:27:41.389 ID:r5f/ge8ud.net

サターニャ「くぅー!今日もラフィエルにしてやられたわー!ナイスエインズワースね!」

ラフィエル「いえいえ、サターニャさんこそナイスマクドウェルでしたよ!」

ラフィエル「そうだサターニャさん、よければマクドウェルのコツとか教えて頂けませんか?」

サターニャ「なんでよ!あんたにはエインズワースがあるじゃない!」

ラフィエル「マクドウェルも魅力的ですので~」

サターニャ「そ、そう?」



3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/21(火) 01:28:17.722 ID:r5f/ge8ud.net

サターニャ「この左側をこうして......で、右にこう!分かる?」

ラフィエル「なるほど......では、この時の右上は、こうですか?」

サターニャ「もうちょい下」

ラフィエル「......こう!」

サターニャ「惜しい」

ラフィエル「......こう?」

サターニャ「ナイスマクドウェル!」



4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/21(火) 01:29:00.175 ID:r5f/ge8ud.net

ラフィエル「ありがとうございます~」

サターニャ「せっかくだから私にも教えてよ、エインズワースのコツ」

ラフィエル「いや~、サターニャさんにはまだ早いのでは?」

サターニャ「なんでよ!私だって......」

マスター「君達、もしやマクドウェル使いなのかい?」

ラフィエル「はい?」

サターニャ「誰よあんた」

マスター「通りすがりのマクドウェル使いさ......私の目に狂いがなければ、君達にはマクドウェルの才能がある!」

ラフィエル「マクドウェルの」

サターニャ「才能!?︎」



続きを読む