サターニャ「ガヴリールが階段から落ちた!?」


1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 21:42:14.236 ID:WYGEtioL0.net

...

ガヴリール「はぁ、学校の階段ってなんでこんなにしんどいんだろうな...」ノロノロ

ヴィーネ「そう?私はそんなこと思ったことないけど...」

ガヴリール「正気かヴィーネ?私なんて今にも倒れそうだぞ」

ヴィーネ「さすがにガヴが運動不足なだけなんじゃ...」

ガヴリール「はぁ、こんなことならいっそ空でも飛んで......っ!?」ツルン


ドスンッ!!


ヴィーネ「ちょ、ちょっとガヴリール!?!?」



13:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 21:46:16.549 ID:WYGEtioL0.net

.........

サターニャ「んなーーーーっはっはっはっはっはっは!!遅かったじゃないガヴリール!!」

サターニャ「まぁ、逃げなかった事だけは褒めてあげるわ!!」

サターニャ「今日の勝負のために、私は準備をして......」


ガヴリール「おはようございます、サターニャさん」ニコニコ

サターニャ「は......?」

ガヴリール「今日はサターニャさんと勝負する約束をしていましたね、私はしっかり覚えてましたよ」

サターニャ「.........ヴィネット、これは一体...?」チラッ

ヴィーネ「それが...」


17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 21:51:02.642 ID:WYGEtioL0.net

...

サターニャ「ガヴリールが階段から落ちた!?」

ヴィーネ「うん、そして起き上がった頃にはこんな調子で...」

サターニャ「あはははははは!ガヴリールもバカね!!まさか学校の階段から落ちるなんて......ぷくく」

ガヴリール「うぅ......」シュン

ヴィーネ「ちょっとサターニャ!やめなさいよ!」

サターニャ「......へ?」

ガヴリール「いいんですヴィーネさん、私の不注意なので...」

ヴィーネ「ガ、ガヴリールは悪くないわよ!誰だって転ぶことくらいあるわ!!」アセアセ


ヴィーネ「...............」ギロッ

サターニャ「うっ.........」


続きを読む