ガヴリール「サターニャに腹パンするのにハマった」サターニャ「ガヴリールに腹パンされるのにハマったわ」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 15:17:13.270 ID:KYvmoxjO0.net

ガヴリール「あの時......喫茶店であいつのこと殴ってから、あの感触が忘れられない......」

ガヴリール「そのせいで、サンドバッグまで買ってしまった......」

ガヴリール「サンドバッグにサターニャの顔写真を貼り付けて殴る日々......」

ガヴリール「ああ......本物を殴りたい......っ!」

シュッドムッ!!

****

サターニャ「あの日、喫茶店でいきなりガヴリールに殴られて以来......あの感触が忘れられないわ」

サターニャ「少しでもあの感じを味わうために自分でも殴ってみてるんだけど......」

サターニャ「やっぱりどうしても手加減しちゃうのよね......」

サターニャ「ああ......もう一度ガヴリールに殴られたい......っ!」

ドムッ

サターニャ「うっ......」



3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 15:21:45.305 ID:KYvmoxjO0.net

サターニャ「おはよう、ガヴリール......」

サターニャ(殴ってこないかしら)

ガヴリール「おう......」

ガヴリール(殴ったらダメかな)

ヴィーネ「おはよう二人とも......な、何か二人ともドス黒いオーラみたいなのが出てるわよ......」

ガヴサタ「はっ!」

ガヴリール(いかんいかん......流石に何もないのにいきなり殴るのは最低だ)

サターニャ(何考えてるのよ私は......何もないのに殴ってくれるわけないじゃない)

ガヴリール(......それなら、殴っても良い状況に持っていけば良いのか?)

サターニャ(......そうだわ、ガヴリールにちょっかいをかけまくったら殴ってもらえるんじゃないかしら)

ガヴサタ「ふふっ............ふふふふふ」

ヴィーネ「な、なんか怖いんだけど二人とも!?」



続きを読む