桃華「わたくしだけを見て……」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 23:16:09.97 ID:hMfv/Ft60

――2015年9月、事務所

<アイドルマスターシンデレラガールズゥ! スターライトステェージィーッ!

ちひろ「プロデューサーさん、大変な事態になりました!」

ちひろ「ついにアイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージのサービスが開始されましたよ!」

P「おお、ついにですか!」

ちひろ「はい! これからはお仕事だけではなくデレステでも、アイドルのみなさんをプロデュースしてくださいね!」

P「当たり前です! よぉーし、早速アプリをダウンロードして、と......」

ガチャッ!

桃華「ごきげんよう......あら、Pちゃま? そんなに熱心に何をやっていますの?」


P「ああ桃華、おはよう。いやなに、今日からデレステが配信されたから早速プレイしようと思ってな」


スポンサーリンク



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 23:17:01.41 ID:hMfv/Ft60

桃華「まあっ! わたくしたちが声のお仕事で収録したゲーム、でしたわよね? ふふっ、Pちゃまもそんなにはしゃいで、小さな子供みたいですわね」

P「そりゃそうさ、ゲームの中でも桃華たちをプロデュースしてやらないとな」

桃華「あまり無理はなさらないでくださいね......わたくしは、あまりゲームのことは詳しくありませんが......」

P「桃華はそういうのは疎そうだからな。おっと、最初から実装されているSSRはこの6人か......誰か引ければいいんだがな」

桃華「何のお話をしていまして?」

P「いやなに、ガチャのラインナップを見ていたんだ。ガチャを引く前に何が出るかを確認しておこうかと主ってな」

桃華(ふふふっ、Pちゃまったら......今回のお仕事、わたくしも声の収録は頑張りましたもの。早くわたくしをプロデュースしてほしいですわ)


P「やっぱり卯月か......蘭子もいいなぁ......」

ちひろ「全部出るまで引けばいいじゃないですか」


桃華「......」

続きを読む