勇者「圧倒的ッッ! 勇者ッッ!!」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 23:20:30.92 ID:MXGi33R80

勇者「......はぁ」

勇者(俺の名前は勇者、いつも思うが、俺はガリだ。だが勇者だ)

勇者(仲間からは、お前、良くそんなガリガリで、剣を振れるよな?)

勇者(そう小バカにされたりと、俺は本当に......自分が嫌になってくる)

勇者(だから、筋肉トレーニングを開始しようと思う)


三年の年月が経った・・・。


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 23:21:24.54 ID:MXGi33R80

勇者「みんな、ついに来たな、魔王城......」

戦士「あぁ、そうだな!!」

魔法使い「そうですね!」

僧侶「そうであるな......」

勇者「よし!! 魔王をぶっ殺すぞぉぉぉ!!!」

戦魔僧「おおー!!」

3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 23:22:04.67 ID:MXGi33R80

勇者「うらぁぁぁぁ!! 筋肉パワー!!」

モンスター「ギャァッ!?」

モンスター達「ギャァァッ!?」

勇者「フハハハ!! 所詮、筋肉の前には無力!!」

戦士「それにしても、勇者ってすげぇ、筋肉ついたよな」

勇者「あぁ、お前らにバカにされて、俺は筋肉をつけたんだ」

戦士(あれってバカにしてたってよりは、本当に感心してたんだけどな)

4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 23:22:33.51 ID:MXGi33R80

戦士「そうか、まあ俺達の一言が原動力になってくれて良かったよ」

勇者「あぁ、昔はなんで、俺が......なんて思ってたが、今では、お前らに感謝すらしてるよ」

魔法使い「なんというか、すみません」

僧侶「少しばかり、遊びすぎていたな、私からも謝ろう」

勇者「いやいや、気にしなくてもいいよ、それより......ついに辿り着いた......」

魔王の部屋↓

5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 23:23:00.40 ID:MXGi33R80

僧侶「いや、これは少しばかり怪しくないか?」

勇者「いいや、圧倒的な筋肉力がこの部屋からビンビン感じるぜ......ここには圧倒的筋肉が存在してる」

魔法使い「圧倒的筋肉ってなんですか......?」

勇者「圧倒的筋肉......俺を超えるのか......?」

魔法使い「無視の方向ですか?」

戦士「まあ、筋肉ついてから性格も根本から変わった気がするからな」

続きを読む