ハルヒ「はぁ?私がウ○コしてるとこ見たいですって?」 キョン「頼む!」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 12:59:31.525 ID:61R3yGtG0.net

ハルヒ「あんた、昼間っから何言ってるわけ?」

キョン「いやそのあれだ、健全な男子高校生の自然な欲望だ」

ハルヒ「変態高校生の間違いでしょ」

キョン「いやまぁ無理ならいいんだが..」

ハルヒ「まぁあんたがどうしてもっていうならあれだけど..」

キョン「(よしっ!)」



5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 13:03:40.118 ID:61R3yGtG0.net

ハルヒ「あんたねぇ、しようと思ってすぐ出るもんでもないんだからね」

キョン「まぁそれは分かってる」

ハルヒ「まさか浣腸でもするんじゃないでしょうね」

キョン「いや、俺は自然排便派なんだ」

ハルヒ「なによそれ」


6:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 13:04:57.260 ID:61R3yGtG0.net

キョン「お前がしたくなったタイミングで構わん」

ハルヒ「もうしょうがないわね..分かったわよ」

キョン「感謝するよ」

ハルヒ「ふんっ!」


10:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 13:09:11.017 ID:Co0KOd5td.net



14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 13:10:53.166 ID:61R3yGtG0.net

キョン「(そして放課後、SOS団の活動を早めに終わらせたあと、ハルヒから連絡がきた)」

ハルヒ「やっとしたくなったわ」

キョン「ところでどうする、部室でやるってわけにもなぁ」

ハルヒ「校舎の端っこに古いトイレがあるでしょ。あそこなら誰もこないわ」

キョン「そうだな、じゃあそこにしよう」

ハルヒ「ほんとなにしてるのよ私たち」


15:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 13:14:58.497 ID:61R3yGtG0.net

キョン「たしかにここなら誰もこないな。というかこんなところにトイレがあったなんて知らなかったぞ」

ハルヒ「私は休み時間に校舎を全部回ってるから知ってたのよ」

キョン「それが役立つ日がきてよかったじゃないか」

ハルヒ「こんなことに役立てる予定じゃなかったわよ」

キョン「まぁいいじゃないか。それよりまだ我慢できるのか」

ハルヒ「もう限界よ。早くしないと..」

キョン「漏れそうか」

ハルヒ「なに嬉しそうな顔してんのよ」


17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 13:20:47.509 ID:61R3yGtG0.net

キョン「それよりどうする、女子トイレに入るか」

ハルヒ「どっちでもいいわよ。早く入りましょう」

キョン「(誰もいないとはいえ、なんとも言えん背徳感があるぜ)」

ハルヒ「で、どうすればいいのよ」

キョン「あ、ああ、一応2人で個室に入るか」

ハルヒ「あんたねぇどう考えても狭いでしょ」

キョン「たしかにな。じゃあ俺は外で見てるよ」

ハルヒ「ドアを閉めずにやれってことね」

キョン「じゃないと見えん」

ハルヒ「もう分かったわよ」ゴソゴソ


続きを読む