ラフィ「ガヴちゃん、そのお金は赤ちゃんのミルク代…」ガヴリール「うっさいなー。課金すんだから黙ってよこせよブス」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 12:49:25.774 ID:/RAQXvuA0.net

ヴィーネ「ねえ、もう別れなさいよ。今のガヴはヒモじゃないの。それに暴力もふるわれてるんでしょ?」

ラフィ「で、でも、ガヴちゃんは本当は優しいから...。この間なんか、お菓子をたくさんくれたし...」

ヴィーネ「はぁ...。それ、ネトゲのアイテムコードを取って用済みになった物らしいわよ。大量廃棄すると問題になるから押し付けられたのね」

ラフィ「でも...でも...」

細木数子「あんた、地獄に堕ちるよ」

ヴィーネ「あ、あなたは!?」

ラフィ「細木数子先生!」

細木数子「話は聞かせて貰ったわ。随分と酷い男に騙されてるみたいじゃないか」

ラフィ「ガヴちゃんは女の子です!」

細木数子「ま、どっちでもいいさ。問題はあんただよ」

ラフィ「私...?」



2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 12:49:52.605 ID:G9crTuzed.net

何か出てきたwww


5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 12:54:11.437 ID:/RAQXvuA0.net

細木数子「あたしゃ占星術や手相、あらゆるゆり占いに通じてるエキスパートだけど、あんたは占うまでもなく不幸の相が出てる」

ラフィ「不幸なんかじゃ...」

細木数子「それだよ!あんたは今、不幸を不幸であると正しく認識できていないんだ」

ヴィーネ「確かに...。今のラフィはまるで洗脳されているかのよう...」


8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 12:57:15.159 ID:Qv5o4rZPd.net

導かれる側になるとは


13:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 13:02:13.854 ID:/RAQXvuA0.net

細木数子「あんた、そのままでいいのかい?小さな赤ん坊だっているんだろう?今のままで赤ん坊を守っていけるのかい」

ラフィ「それは...」

細木数子「あんたの赤ちゃんはそのガヴって子との愛の結晶なんだろう?本当にこのままでいいのかい?」

ヴィーネ「いや、赤ちゃんは二人の子供じゃないんです細木数子先生」

細木数子「なんだって!?」

ヴィーネ「魔界通販で買った薬の副作用で赤ちゃんに若返ってしまったサタニキアという私達の友人なんです」

ラフィ「はい...。女の子同士では子供ができないので、策略をめぐらせこのような事に...」

細木数子「あんた...友達を幼体化させて育ててるだなんてとんでもない女なんだね...」

ヴィーネ「いや、でも、サターニャの自業自得でああなったわけで...。むしろラフィは行き場をなくした赤ちゃんのお世話をするという天使の優しさを...」


続きを読む