ラフィエル「私はあなたが大嫌いですよ」 ガヴリール「え……」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 03:17:53.186 ID:lhMDMRUA0.net

ラフィエル「ですから......選んでください。堕天するか、それとも......死ぬか」

ガヴリール「な、何言ってんだ......?何の冗談だよ......?」

ラフィエル「ふふ、本当はわかってるんじゃないですか」

ガヴリール「わかるわけが!」

ラフィエル「......白羽家はあなたも知ってるでしょうがとても大きな、天界で一番の名家です。私は長女として様々な教育を受けました」

ラフィエル「それは......楽だったとは言えない......辛い、辛い日々でした」



3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 03:21:28.832 ID:lhMDMRUA0.net

ラフィエル「すべての天使を統べるため......全てにおいて優れた天使になるため。私は白羽家の歴史の中でもまれに見る才覚を発揮していたそうです」

ラフィエル「それは......首席卒業は当たり前だろうと持て囃される程度には」

ガヴリール「あ......」

ラフィエル「そうです。しかし結果は次席......そのうえなんということですか。首席は天真家とかいう無名の庶民。私は誰も知らないような庶民に敗北したのです」

ラフィエル「あの日から......あなたに対する憎悪の感情を抱かなかった日はありません。今も......この手で絞め殺したいほどです」

ガヴリール「ラフィ......」

ラフィエル「それに......あなたという存在がいる時点で私は常に庶民と比較され続けるのです。それは......とてもつらかった......」


5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 03:24:32.826 ID:lhMDMRUA0.net

ラフィエル「あなたみたいな天使さえいなければ――――お願いします。天界から消えてもらえませんか。もう二度と......私と関わらないでもらえませんか」

ガヴリール「ほ、本心......なのか?それが......お前の......」

ラフィエル「元々おかしかったと思いませんか。白羽家という名家の娘と友達?あなたのような庶民が?そんなことありえるわけないでしょう。庶民は庶民だけで絡むもの。私とあなたは文字通り住む世界が違うんですよ」

ガヴリール「......でも」

ラフィエル「......いい加減理解してください。もう二度と......私の前に現れないでください。できることならば――天界にも帰ってこないでください。あなたと同じ空気を吸っているだけで虫酸が走るので」

ガヴリール「......ッ!」ダッ


続きを読む