飛鳥「Pとどこまでって・・・えぇっ!?」

関連SS





2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/20(月) 03:34:05.70 :497NuIlv0

- とある居酒屋の個室 -


飛鳥(20)「それじゃ、はじめようか」


「「「乾杯!」」」キンッ




智香(23)「っふー、お仕事のあとのお酒はおいしいですね!」


裕子(22)「ですねー!疲れが抜けていきます!」


飛鳥「二人はテンションが高いなぁ、ボクはそこまで騒げないよ」


智香「あはは、飛鳥ちゃんはありのままでいいんですよ?無理するの大変でしょうし」


裕子「ですね!焼き鳥美味しいです!」モグモグ


飛鳥「・・・ある意味、裕子が一番楽しんでいるよね・・・」


智香「だねー・・・」


飛鳥「そういう意味では、裕子も前から変わらないってことだよね。・・智香も、ね」


智香「そ、そうかな、えへへ・・・」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/20(月) 03:34:31.82 :497NuIlv0

飛鳥「・・・ふぅ」コクコク


裕子「それでっ!飛鳥ちゃん、最近Pとはうまくいってるんですか?」


飛鳥「うっ!けほ、けほっ」


智香「あ、飛鳥ちゃん!?大丈夫ですか?」トントン


飛鳥「あ、ありがとう智香・・・。・・・・はぁ」


裕子「で、どうなんです?Pとはどうなんですか!?」


智香「実は・・・アタシも前に、飛鳥ちゃんとPさんが、一緒にお酒飲みにいったって聞いたんだけど・・」


飛鳥「智香まで!?・・あぁもう、わかったってな・・・」


裕子・智香「やった♪」


飛鳥「・・・そのかわり、2人の焼き鳥1本ずつもらうからね」


智香「わかりました!はい、どうぞっ」スッ


裕子「私はもうないので新しく頼みます!すみませーん、焼き鳥おまかせで3本お願いしまーす!」


飛鳥「裕子、キミは・・・」


続きを読む